長澤まさみ、黒のドレスでブルーリボン賞受賞「信念を持って生きていきたい」

長澤まさみ、黒のドレスでブルーリボン賞受賞「信念を持って生きていきたい」

第62回ブルーリボン賞授賞式に登場した長澤まさみ クランクイン!

第62回ブルーリボン賞授賞式が18日に都内で開催され、女優の長澤まさみや俳優の吉沢亮、MEGUMI、中井貴一らが出席。受賞者が喜びを語った。

 ブルーリボン賞は、在京スポーツ7紙の映画担当記者の投票によって賞が決定した。信用詐欺師たちが欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる姿を描いたコメディ映画『コンフィデンスマンJP−ロマンス編−』で主演女優賞を受賞した長澤。天才詐欺師・ダー子をコミカルに演じたが、「ダー子は自分なりの信念のもとに、自分で見て感じたことに突き進んでいくキャラクター」と言い、「彼女を演じる度に勇気づけられて。私もダー子のように信念を持って生きていきたい」とニッコリ。

 ドラマシリーズからの映画化で続編『プリンセス編』が5月に公開されるが、撮影は「うれしく楽しく幸せな時間」と振り返り、「愛すべきスタッフや共演者、コンフィデンスマンたちと一緒に頑張って作品を作り上げられたから、この賞をいただけたと思います。本当にうれしい」と満面の笑みで感謝。また、今年女優デビュー20周年になるが、「この作品が大好きなので、まだまだコンフィデンスマンの世界が続いたら」とさらなる続編に期待を寄せた。

 映画『キングダム』で助演男優賞を受賞した吉沢は、「歴史ある素晴らしい賞をいただけて光栄」と感謝し、「どの現場も本気なんですけど、特にこの作品は全員が全身全霊で挑んでいて。この作品でこの賞をとれたのが何よりうれしい」と爽やかな笑み。また、「これからも役者として成長できるように精いっぱい頑張ります」と力強く誓った。

 当日の司会は、昨年の主演男優賞と主演女優賞をそれぞれ獲得した、舘ひろしと門脇麦が担当。門脇の「台本の字が小さくないですか?」のふりで、舘がメガネをかけ会場の笑いを巻き起こす一幕も。

 それを受けて、来年長澤と共に司会を務めることになる主演男優賞の中井が「舘さん、飛び道具持ってますから。メガネかけただけであれだけ笑われるなんて。なんか持ってきます」とニヤリ顔で突っ込むと、舘は「差し上げます」と照れ笑い。さらに舘は最後のあいさつで「主演男優賞は欲しいけど、司会なんて2度とやりたくない」と愚痴り、会場の笑いを誘っていた。

第62回ブルーリボン賞 受賞一覧と登壇者は下記の通り。

・作品賞 『翔んで埼玉』武内英樹監督
・監督賞 真利子哲也『宮本から君へ』
・主演男優賞 中井貴一『記憶にございません!』
・主演女優賞 長澤まさみ『コンフィデンスマンJP−ロマンス編−』
・助演男優賞 吉沢亮『キングダム』
・助演女優賞 MEGUMI『台風家族』『ひとよ』
・新人賞 関水渚『町田くんの世界』
・外国作品賞 『ジョーカー』

関連記事(外部サイト)