城桧吏『都会のトム&ソーヤ』、“相棒”創也は新人・酒井大地 初々しい2ショット公開

城桧吏『都会のトム&ソーヤ』、“相棒”創也は新人・酒井大地 初々しい2ショット公開

映画『都会のトム&ソーヤ』(左から)主演の城桧吏、酒井大地(C)2020 マチトム製作委員会

子役俳優の城桧吏が映画初主演を務める『都会(まち)のトム&ソーヤ』の公開日が7月31日に決定。併せて、主人公・内人(城)の相棒・創也役を、本作が俳優デビューとなる酒井大地が演じることが発表され、2人の初々しい2ショット写真が公開された。

 はやみねかおるによるベストセラー児童小説『都会のトム&ソーヤ』シリーズ(講談社YA!ENTERTAINMENT)を実写化する本作は、デコボコ中学生コンビが“究極のゲーム”を作るため、都会のさまざまな場所を舞台に推理と冒険を繰り広げていく物語。どこにでもいそうな中学二年生だが、どんな状況も切り抜けられるサバイバル能力を持つ内藤内人と、学校始まって以来の天才と言われ、一大財閥“竜王グループ”の御曹司である竜王創也の対照的なタイプの2人が活躍するバディものだ。

 映画『万引き家族』で注目を集めた子役・城桧吏が内人役で映画初主演を飾る。監督は、映画『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』『ニセコイ』など多数の青春映画を手掛けてきた河合勇人。脚本は、ドラマ『おっさんずラブ』の徳尾浩司が担当する。

 創也役を務める酒井は、「スターダストプロモーション第1回スター☆オーディション」で男子グランプリを射止め、本作で俳優デビュー。「半年前まで、田んぼの中を自転車で走り回っていた普通の中学生だった僕が、内人の相棒。竜王創也という大役をいただけたこと、夢のようで。まだ、信じられません」とした上、「『夢は見るだけじゃない。叶えるものだ!』そんなことを、このマチトムを通して、みなさんにお伝えできたら幸せです」と意気込んでいる。

 このほかの第2弾キャストとして内人と創也のクラスメイト役も発表された。内人の好意に気付かず、創也に思いを寄せる同級生・堀越美晴役に豊嶋花。同オーディションで女子グランプリに輝いた渡邉心結は、未来を予測できる用意周到なお嬢様の真田志穂役に抜てき。年上の先輩と付き合う今どき女子の中学生・東川綾子役に同オーディションで特別賞・映画賞を受賞した山下森羅。映画研究部に所属する西本健一役を同じく特別賞・映画賞を受賞した吉原徠地。健一と共に映画好きで映画研究部に所属する西沢達夫役を「スタメンKiDS」のメンバーとしても活動しているりきまる、幕井涼太役を「ジュノンボーイ2018」準グランプリの田村飛呂人がそれぞれ演じる。

 渡邉、山下、吉原、田村は、酒井と同様に本作が俳優デビューとなる。

 映画『都会のトム&ソーヤ』は7月31日より全国公開。

関連記事(外部サイト)