上戸彩、『半沢直樹』続投決定「花の性格は自分に凄く似ている」

上戸彩、『半沢直樹』続投決定「花の性格は自分に凄く似ている」

ドラマ『半沢直樹』に続投が決まった上戸彩場面写真(C)TBS

女優の上戸彩が、4月からスタートする堺雅人主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系/毎週日曜21時)で、前作に引き続き半沢の妻・花役を演じることが発表された。

 4月スタートの日曜劇場『半沢直樹』は、前作と同じく池井戸潤による小説『半沢直樹』シリーズから『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)をドラマ化。主人公の半沢直樹を前作に引き続き堺が演じる。前作では「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象になるほどの熱演を見せた堺。その後も大河ドラマ『真田丸』(NHK)で主演を務めたほか、ドラマや映画、CMなど、さまざまなジャンルで活躍している。そんな堺が扮する半沢が、平成から令和に変わった新たなフィールドに満を持して帰ってくる。

 上戸の続投が決定した花は、半沢を献身的に支える夫思いの妻。閉鎖的・封建的な男社会の中で繰り広げられる激しい戦いを描いた前作で、時に優しく、時に厳しく夫を励ます彼女の存在と視点は、作品にとってとても貴重であり、欠かせない存在であった。花は、弁の立つ半沢が“唯一かなわない相手”でもあり、半沢に対して口うるさく言うこともあるが、その明るさは彼の救いにもなっていた。今回の続編でも、彼女がどのようにして夫を支え、存在感を発揮するのか大いに期待がかかる。

 上戸は「皆さんも楽しみにしていらっしゃると思いますが、私自身も楽しみにしています」とコメント。「花の性格は自分に凄く似ているなと思っています。私自身も『奥様会』のような世界は苦手分野なので(笑)。そういった意味では前作も今も変わりません」と語る。「でも前作の時は(私自身が)結婚をして少ししか経っていない時期だったので、『奥様会』のような世界は全く分からず想像もできませんでした。今は子どもも2人いますし、お母さん同士のお付き合いもあるので、前作の時の自分より色々な角度で世の中を見られています。ですので、今回は劇中の『奥様会』のような世界をよりリアルなものに感じながら花を演じられるのではないかと思います」と期待を明かす。

 さらに「初心を忘れずに…そして、見ていただいた皆さんに、“明日から頑張るぞ!”と思ってもらえるように頑張りたいと思います! 外で頑張っている旦那さんが、家では力が抜けて別人になれるような、そんな夫婦の形を目指して、半沢花を演じたいと思います」と意気込みを語った。

 日曜劇場『半沢直樹』はTBS系にて4月より毎週日曜21時放送。

関連記事(外部サイト)