田中圭主演×安田顕とタッグ『らせんの迷宮』、共演に倉科カナ&松坂慶子ら

田中圭主演×安田顕とタッグ『らせんの迷宮』、共演に倉科カナ&松坂慶子ら

金曜8時のドラマ『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』に出演する倉科カナ

俳優の田中圭が主演を務め、安田顕と共演するドラマ『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系/4月24日より毎週金曜20時)に、女優の倉科カナ、松坂慶子らが出演することが発表された。

 本作はビッグコミック増刊号(小学館刊)で連載された作:夏緑、画:菊田洋之による人気ミステリー漫画『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』の実写ドラマ化。難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫る。

 「DNAは嘘をつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者・神保仁を田中が、神保と事件解決のためタッグを組む熱血刑事・安堂源次を安田が演じる。

 倉科が演じるのは、警視庁科学捜査研究所の美女・乱原流奈。優秀で明るい性格の乱原は、研究所にいるだけでなく、安堂たち刑事と共に現場にも臨場する行動派。プライドは高いが、神保のことは研究者として非常に尊敬しており、神保と安堂の捜査に進んで協力するという役どころだ。

 倉科は「原作のキャラクターとは色合いが少し違いますが、新しい乱原流奈を作り、生きていけたらなと思います」と意気込む。

 松坂が演じるのは、神保に部屋を間借りさせ食事などを作ってあげたり何かと面倒をみているスナック「ゲ呑ム」(げのむ)のママ・馬場ゆかり。おおらかで純真な性格であるが、時折物思う姿を見せ、何らかの過去を抱えているような謎めいた大人の女性でもある。

 松坂は「脚本がとても面白く、引き込まれました。田中圭さんとご一緒にお仕事ができる事も楽しみです」とコメントした。

 ほかに、原作にはないドラマオリジナルキャラクターとして、警視庁・捜査一課長・栗原四郎役で渡辺いっけい、警視庁捜査一課・巡査で安堂班の若手刑事・瓜生夏樹役で中田圭祐が出演する。

 金曜8時のドラマ『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』はテレビ東京系にて4月24日から毎週金曜20時放送。

関連記事(外部サイト)