ヘンリー王子&メーガン妃、最後の公務でウィリアム王子夫妻と微妙な空気のワケ

ヘンリー王子&メーガン妃、最後の公務でウィリアム王子夫妻と微妙な空気のワケ

ヘンリー王子&メーガン妃、コモンウェルス・デーの式典に出席(C)Zeta Image

3月末で英王室の高位王族の立場から退くヘンリー王子とメーガン妃。現地時間9日、最後の公務となるコモンウェルス・デー式典に出席したが、兄夫婦のウィリアム王子とキャサリン妃との間で会話や視線を交わす様子がほとんどなく、微妙な空気を醸し出していたようだ。

 英連邦加盟国の祝賀行事で、英ロンドンのウェストミンスター寺院で毎年開催されるコモンウェルス・デーの式典。昨年はエリザベス女王に続き、ウィリアム王子夫妻もヘンリー王子夫妻も会場入りしたが、今回、エリザベス女王と共に歩いたのは父のチャールズ皇太子とカミラ夫人だけだった。

 テレビ中継された式典の様子を見ると、先に寺院の中に入り、着席していたヘンリー王子とメーガン妃は、ウィリアム王子とキャサリン妃が席に到着したところで笑顔を浮かべ、「ハーイ」とあいさつしているのがわかる。しかしそれ以後、動画を見る限り、斜め前の席に座るウィリアム王子夫妻と話をする様子はない。ヘンリー王子夫妻の隣に座っていた叔父のエドワード王子とは、2組とも会話していた。

 実は兄弟間の亀裂というよりも、入場に関してひと悶着があったという。Mail Onlineによると、ヘンリー王子夫妻は今回、エリザベス女王とチャールズ皇太子夫妻、ウィリアム王子夫妻と共に歩くことを許可されず、単独で歩き、先に着席するよう言い渡されていたという。ヘンリー王子とメーガン妃はその決定に気分を害していたとのこと。そこで問題が大きくなることを懸念したウィリアム王子夫妻が、先に着席していることを申し出て、今回のアレンジとなったそうだ。

関連記事(外部サイト)