来週の『スカーレット』 伊藤健太郎のため、検査を受ける戸田恵梨香ら 結果は…

来週の『スカーレット』 伊藤健太郎のため、検査を受ける戸田恵梨香ら 結果は…

『スカーレット』第24週「小さな希望を集めて」より(C)NHK

NHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/毎週月〜土曜8時ほか)第24週「小さな希望を集めて」が3月16日〜21日に放送される。

 武志(伊藤健太郎)のために検査を受けた喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)だが、いずれも骨髄移植のドナーにはなれなかった。喜美子は大崎(稲垣吾郎)から、患者の会があると聞き、同じ病気の高校生を持つ母親を会に誘って励まそうとするが、思わぬ結果となる。真奈(松田るか)ら若者たちも検査を受け、ちや子(水野美紀)も協力を申し出てくれたが、誰も適合しなかった。

 しかし喜美子は懸命に気を取り直し、感謝の気持ちを持つ。武志はあえて真奈と距離を取っていたが、訪ねてきた真奈のふとした忘れ物がきっかけで、陶芸のアイデアを得る。器の中に水が生きている様子を表現するという武志を、八郎も励ます。

 そして思いがけずさだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)がやってくる。30年ぶりの再会。小児科医の圭介は、医学の進歩にふれ、喜美子を励ます。照子(大島優子)や信作(林遣都)らも手をつくすが、武志は体のためにアルバイトを辞め、陶芸に専念することに。直子(桜庭ななみ)のみやげで、若者たちを招いてすっぽん鍋を食べる。武志と真奈の仲をもどかしがる直子。ある日、喜美子は穴窯から、出来上がった作品を出していた。母の自然釉の作品を見つめていた武志は…。

 連続テレビ小説『スカーレット』はNHK総合テレビにて毎週月曜〜土曜8時放送。

関連記事(外部サイト)