今夜の『10の秘密』最終回 由貴子が生きていた…隠されていた最後の“秘密”とは

今夜の『10の秘密』最終回 由貴子が生きていた…隠されていた最後の“秘密”とは

ドラマ『10の秘密』最終話(第10話)(C)カンテレ

俳優の向井理が主演を務めるドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)最終話となる第10話が今夜17日に放送される。最終話では、由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認され、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれ、隠されていた最後の“秘密”が明らかになる。

 本作は、主人公・白河圭太(向井理)の愛する娘が何者かに誘拐されたことに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こる様を描く本格サスペンス。

 死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認された。由貴子が生きていることを知った圭太(向井)は、瞳(山田杏奈)のためにも、今度こそ元妻と決着をつけようと決意する。と同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことが。

 奪われたパスポートを取り戻すために、必ずもう一度接触してくる―そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにする。

 一方、翼(松村北斗)は新聞記者の只見(長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった長沼(佐野史郎)を糾弾しようとするが、決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。その状況を聞いた竜二(渡部篤郎)は、最後の切り札を手に、社長室のドアをたたき…。

 しばらくして、圭太の元には予想通り、警察の手が迫り八方ふさがりになった由貴子から連絡が入る。逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうが…。

 家族、お金、権力のために、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれたとき、最後に待っている衝撃の展開とは。

 ドラマ『10の秘密』最終話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜3月17日21時放送。

関連記事(外部サイト)