松本まりか、“言葉も態度も超ド級”悪女に! 『竜の道』で玉木宏&高橋一生の宿敵の娘役

松本まりか、“言葉も態度も超ド級”悪女に! 『竜の道』で玉木宏&高橋一生の宿敵の娘役

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』に出演する松本まりか(C)カンテレ

俳優の玉木宏が主演を務め、俳優の高橋一生と双子の兄弟役で初共演する4月14日スタートのドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の追加キャストとして、女優の松本まりか、奈緒らの出演が発表された。松本は玉木と高橋が演じる兄弟の宿敵の娘役を務める。

 本作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描くサスペンスドラマ。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木が、竜一の双子の弟で国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋が、それぞれ演じる。原作は、2015年死去した作家・白川道による未完の同名小説。ドラマ版ではオリジナルの展開と共に、波乱に満ちた竜一と竜二による復讐劇を結末まで描いていく。

 松本が演じるのは、竜一と竜二にとっての復讐相手・霧島源平(遠藤憲一)の娘・霧島まゆみ。大手運送会社・キリシマ急便の社長令嬢として裕福な家庭で育ったまゆみは、フードコーディネーターとして注目されることで承認欲求を満たしつつ、派手な私生活を送り、周囲に対して尊大な態度を取るわがままな女性。さらに、源平譲りのずる賢さも併せ持っており、何事も自分の思い通りに進まないと気が済まない。

 物語が進むにつれ、次第に竜二がまゆみに接近していくが、それは双子の復讐計画の一環で、いわば仕組まれた恋。復讐のため策略を巡らせる竜二と、一筋縄ではいかないまゆみの関係は、予測不能の展開を見せ、まゆみの思わぬ本性があらわになっていく。

 松本は役どころについて「超強気な社長令嬢にして相当な悪女。ほぼ確実にそう映るでしょう。言葉も態度も超ド級ですから。そんな彼女への理解に悩みに悩み、ようやくまゆみの本性を発見した時の、あの雷に打たれたような衝撃。目から鱗(うろこ)でした。なんという金脈が埋まっていたのかと。それは私自身生きる上でも大事な気付きでした」と話した上、「私はこのまゆみという女性を完遂したい。こんなにも大きな宝と興奮をもたらしてくれたこの悪女の本性に、皆さまの心がザワッとしてくだされば本望です」と意気込む。

 一方、奈緒が演じるのは、竜一が携わるグレーな仕事をサポートするITのプロ・遠山凛子。竜一を一番近くで支えながらも謎に包まれた彼女は、「笑わない女」。頭脳明晰(めいせき)だが、常に冷静かつ無表情で仕事をこなす。竜一の正体は知らないが、報酬さえもらえればハッキングなど違法なことでもやるというスタンスで、竜一とは奇妙な信頼関係を築いている。

 このほか、竜一が出会う人当たりが良くお調子者の砂川林太郎役に今野浩喜、キリシマ急便で源平の秘書を務める大友由伸役に渡辺邦斗が決まった。

 ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』はカンテレ・フジテレビ系にて4月14日より毎週火曜21時放送。

関連記事(外部サイト)

×