窪田正孝主演朝ドラ『エール』、井上希美&柿澤勇人らミュージカル界の新星登場

窪田正孝主演朝ドラ『エール』、井上希美&柿澤勇人らミュージカル界の新星登場

連続テレビ小説『エール』に出演が決まった井上希美(C)NHK

俳優の窪田正孝が主演を務める3月30日スタートのNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月〜土曜8時ほか)より、音楽の世界を彩る新たなキャストとして、ミュージカル界で活躍する井上希美、柿澤勇人、小南満佑子の出演が発表された。3人は連続テレビ小説初出演となる。

 本作は作曲家・古関裕而をモデルに、音楽で人々を励まし、心を照らした夫婦の波乱万丈の人生を描く。主人公の古山裕一を窪田が、裕一の妻となる関内音を二階堂ふみが演じ、そのほか、唐沢寿明、柴咲コウ、薬師丸ひろ子、山崎育三郎、森七菜らの出演が発表されている。

 今回発表されたのは、東京に出てきた裕一と音が出会う、一流の音楽の才能を持ったキャラクターを演じる3人のキャスト陣。昭和5年に裕一(窪田)と音(二階堂)が、福島と豊橋というそれぞれの故郷に別れを告げて、東京で新生活をスタート。裕一はレコード会社の専属作曲家として働きはじめ、音はオペラ歌手になるために音楽学校に入学し、そこで、今回発表されたキャストら、個性豊かな人たちに囲まれて、2人はそれぞれの夢に向かって歩み始めることになる。

 井上が演じるのは、裕一作曲の「船頭可愛や」を歌う歌手・藤丸。げた屋の娘だが、芸者として歌手デビューする。山崎育三郎演じる久志に密かに惚れているという役どころだ。井上は「随分と“個性的”な役ですが、ひたむきに、精一杯藤丸を生きて参りますので、どうぞ、温かく見守っていただけたら幸いです」とコメントした。

 柿澤が演じるのは、裕一が所属するコロンブスレコードの歌手・山藤太郎。慶応義塾大学卒業後、音楽学校の声楽科で学び、金を稼ぐため流行歌を歌っている。名曲「丘を越えて」「長崎の鐘」などで知られる藤山一郎がモデルとなっている。柿澤は「古山裕一に少しでも良い影響を及ぼせるよう、そして作品に貢献できるよう、努めたいと思います」と語った。

 小南が演じるのは、東京帝国音楽学校の声楽科の生徒。ソロリサイタルも開催するほどの実力者で、音の良きライバルとなるキャラクターだ。小南は「2020年の日本の朝に、音楽の力で沢山の方へエールを送らせて頂ければと願っています」とメッセージを寄せた。

 なお、3月20日8時15分より、出演者のインタビュー、ロケや音楽レッスンなどのメイキング映像を交えて本作の見どころや舞台裏を披露する番組『もうすぐ!連続テレビ小説「エール」』が放送される。

 NHK連続テレビ小説『エール』はNHK総合にて3月30日より毎週月〜土曜8時ほか放送。

関連記事(外部サイト)