『ミニオンズ フィーバー』公開延期 パリのスタジオ一時閉鎖で完成間に合わず

『ミニオンズ フィーバー』公開延期 パリのスタジオ一時閉鎖で完成間に合わず

映画『ミニオンズ フィーバー』 場面写真(C)2020 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

東宝東和は、7月17日より全国公開予定だった『ミニオンズ フィーバー』の全世界での公開が「新型コロナウィルスの影響で延期されることが決定致しました」と発表した。

 製作会社イルミネーションの創業者でありCEOのクリス・メレダンドリ氏は声明を発表し、「フランスにおける状況が重大化している事を受け、我々はパリのイルミネーション・マック・ガフ・スタジオを一時的に閉鎖しております。この決断により我々はフランス政府のガイドラインを遵守し、ウイルスの感染拡大を遅らせるための可能な限りのことを行い、我々の製作スタッフとその家族を守ります。これは6月下旬から7月上旬の全世界での公開に間に合うように、『ミニオンズ フィーバー』を完成させることができなくなることを意味します」とし、「私たちは皆、この重大な局面に取り組んでいますが、何よりも従業員の安全と保護を重視しなければなりません。グルーとミニオンたちの帰還に相応しい新たな公開日をお伝え出来るのを楽しみにしています」とコメントした。

 この発表を受け、国内では現在、新たな公開日を調整中とのこと。

 主人公グルーとバナナが大好きな相棒のミニオンたちを中心に物語が展開する『怪盗グルー』シリーズは、2010年に『怪盗グルーの月泥棒』から始まり、2017年公開の前作『怪盗グルーのミニオン大脱走』では国内興行収入73億円を記録するヒット作へと成長した。

 最新作『ミニオンズ フィーバー』では、1970年代を舞台に、最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちが、なぜ悪党になることを夢見るひとりの少年、グルーをボスに選んだのかが描かれ、シリーズ史上最高のハチャメチャな大騒動が巻き起こる。

関連記事(外部サイト)