水川あさみ×浅香航大×寄川歌太出演、ベストセラー短歌集を映画化『滑走路』公開

水川あさみ×浅香航大×寄川歌太出演、ベストセラー短歌集を映画化『滑走路』公開

映画『滑走路』キャスト陣(左から)寄川歌太、主演の水川あさみ、浅香航大(C)2020「滑走路」製作委員会

女優の水川あさみが主演し、俳優の浅香航大、寄川歌太が共演する、異例のベストセラー短歌集の映画化作品『滑走路』が秋に公開されることが決定した。

 本作は、32歳で命を絶った“非正規歌人”萩原慎一郎による歌集『滑走路』の映画化。いじめや非正規雇用など、自らの経験をテーマに短歌を発表し続けた萩原の初の歌集にして遺作となった『滑走路』は、苦難の中、それでも生きる希望を歌った295首で構成され、作者と同じように苦悩を抱える人へのエールとして、多くの共感を呼び話題に。新聞やTVでも次々と取り上げられ、初版500部、自費出版がメインの歌集において、累計8刷3万500部と異例のヒットを記録した。

 厚生労働省で働く若手官僚の鷹野は、激務の中で仕事への理想も失い無力な自分に思い悩んでいた。ある日、陳情に来たNPO団体から非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリストを持ち込まれ追及を受けた鷹野は、そのリストの中から自分と同じ25歳で自死した青年に関心を抱き、その死の理由を調べ始めるが―。

 1月期のドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』(日本テレビ)や、公開を控える劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』の桑村さや香が脚本を、数多くの作品で助監督として活躍する大庭功睦が初めて商業映画で監督を担当。歌集『滑走路』から着想を得てオリジナルストーリーとして脚本化し、非正規、いじめ、過労、キャリア、自死、家族―現代を生きる若い世代が抱える不安や葛藤、それでもなお希望を求めてもがき生きる姿を鮮烈に描き出す。

 キャストには、映画『喜劇 愛妻物語』の公開も控える水川が、30代後半に差し掛かり将来への不安を抱える切り絵作家の主人公・翠を演じ、若手官僚・鷹野役を浅香、幼なじみをかばったことでいじめの標的にされてしまう中学2年生の学級委員長役を寄川がそれぞれ務める。

 水川は「萩原さんの短歌は読む人の心にそっと寄り添いながらも包み込み、心に響くエールをくれるなと思いました」と語り、「原作同様に、観ていただいた人の心に寄り添う作品になっていれば嬉しいなと願っています」とコメントした。

 原作者萩原の両親は「慎一郎が空を飛ぶための翼になると願った三十一文字が、皆様の心に届きますように祈っております」とメッセージを寄せ、「企画の端緒となったのは、webに数多く書かれていた、原作読者の方々の書評でした」という大庭監督は「原作者の萩原さんと、そのご家族、そして、原作歌集を愛する読者の方々を失望させてしまうような映画にだけは絶対にしてはならないと考えていました。その思いを心強いスタッフ、キャストらと共有して映画作りに臨みました。皆さまに映画としてしっかりとお返し出来るような作品になればと思っております」と意気込みを語った。

 映画『滑走路』は秋全国公開。

関連記事(外部サイト)