Juice=Juiceに元こぶしファクトリー・井上玲音が加入 本格稼働は宮本佳林の卒業後に

Juice=Juiceに元こぶしファクトリー・井上玲音が加入 本格稼働は宮本佳林の卒業後に

Juice=Juiceに加入することが発表された元こぶしファクトリー・井上玲音

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juiceに、先月30日に解散したこぶしファクトリーの元メンバー・井上玲音が加入することが1日、発表された。井上は、「井上玲音が入って良かったと思って頂けるように、頑張ります!」と意気込みを語っている。

 この日、新曲『ポップミュージック/好きって言ってよ』を発売したJuice=Juice。発売を記念して、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージで公開ミニライブを行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けイベントは中止。急遽、無観客イベントを行い、その様子をYouTubeで生配信した。

 MCで、リーダーの金澤朋子から「この度、Juice=Juice に新メンバーが加入することが決まりました。井上玲音ちゃんです。」と発表。井上はこの日のライブには登場しなかったが、Juice=Juice加入への思いを手紙にし、金澤が読み上げた。

 井上は、「この度、Juice=Juice に加入することになりました。井上玲音です。まだまだ勉強すること、自分を磨くこと、納得のいくパフォーマンスをすること、努力することが沢山あります。Juice=Juiceとして夢を叶えて行けたらなと思います。いつか、井上玲音が入って良かったと思って頂けるように、頑張ります!これから、よろしくお願いします!!」と手紙で意気込みを伝えた。

 リーダーの金澤は、「これからもJuice=Juice の応援をどうぞよろしくお願いします」とファンに呼びかけイベントを締めくくった。

 井上がJuice=Juiceとして本格始動するのは、6月にメンバーの宮本佳林が卒業した後になるという。井上は、2015年にメジャーデビューをしたこぶしファクトリーで、約5年3ヵ月間活動をしたが、先月30日にTOKYO DOME CITY HALLで無観客ライブを行い解散したばかり。メンバー5人のなかで井上だけが、ハロー!プロジェクトに残留することが発表されていたこともあり、動向が注目されていた。

 ミニライブでは、KANが今年2月にリリースした曲をカバーした『ポップミュージック』と、山崎あおい書き下ろしによる『微炭酸』『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』に続くセツナ系第3弾『好きって言ってよ』の新曲2曲のほか4曲を披露。新曲は、卒業する宮本のラストシングルで、昨年グループに加入した工藤由愛、松永里愛の2人にとっては初のシングルとなる。

関連記事(外部サイト)