田中圭×安田顕『らせんの迷宮』スタート延期 新型コロナウイルスで撮影に影響

田中圭、安田顕出演ドラマ「らせんの迷宮」スタート延期 新型コロナウイルス影響

記事まとめ

  • テレビ東京は田中圭主演ドラマ『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』の放送開始延期を発表
  • 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、撮影スケジュールに影響が出たという
  • 同作はビッグコミックで連載された人気ミステリー漫画の実写ドラマ化で安田顕も出演

田中圭×安田顕『らせんの迷宮』スタート延期 新型コロナウイルスで撮影に影響

田中圭×安田顕『らせんの迷宮』スタート延期 新型コロナウイルスで撮影に影響

金曜8時のドラマ『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』ポスタービジュアル(C)テレビ東京

テレビ東京は、4月24日から毎週金曜20時放送予定だった田中圭主演のドラマ『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』の放送開始を延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、撮影スケジュールに影響が出ているためとしている。

 延期後の放送日時は未定。

 また、4月9、11、18日に放送を予定していた『らせんの迷宮〜DNA科学捜査・大解剖SP!』についても、他番組に差し替える。

 『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』はビッグコミック増刊号(小学館)で連載された作・夏緑、画・菊田洋之による人気ミステリー漫画『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』の実写ドラマ化。天才遺伝子科学者・神保仁(田中)が熱血刑事・安堂源次(安田顕)とのタッグで難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫る姿を描く。

 都内で、遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生する。事件を担当するはずだった刑事・安堂源次(安田顕)は捜査から外された。かつて自身の妻が被害者となった連続殺人と同じ犯人の可能性が高いからだ。そこで捜査本部には内密に、天才科学者といわれる神保仁(田中)に捜査の協力を要請する。事件の解決に全く興味を示さない神保。何よりその奇想天外な行動と言動に源次は振り回される。しかし徐々に息の合い始める二人。そして二人の孤独なDNA捜査は、捜査本部も気づかなかった「ある痕跡」を見いだす。そんな中、「殺人鬼X」による更なる殺人が起きてしまう…。

関連記事(外部サイト)