三吉彩花、『警視庁・捜査一課長』で刑事役初挑戦 久々の制服シーンに「そわそわ」

三吉彩花、『警視庁・捜査一課長』で刑事役初挑戦 久々の制服シーンに「そわそわ」

木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長2020』に出演する三吉彩花の場面写真(C)テレビ朝日

俳優の内藤剛志が主演を務める4月9日スタートのドラマ『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)で刑事役に初挑戦する女優の三吉彩花が、放送を前に撮影秘話を明かした。回想シーンでは高校時代の制服姿も披露しており、「久しぶりの制服はそわそわしました!」と語っている。

 ヒラからはい上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちの熱き奮闘を描く本作。初回2時間スペシャルでは、エイプリルフール用のフェイクニュースを担当する新聞記者が殺害される事件が発生。付近の防犯カメラ映像を調べた新宿署の新人刑事・妹尾萩(三吉)は、有名ファッションデザイナー・今田美蓮(松下由樹)に疑惑を抱くが、彼女にはアリバイが…!? 

 三吉が演じる新人刑事・妹尾萩は、異文化の中で育った帰国子女らしく、思ったことをためらわずに口に出す性格だ。三吉は、そんな萩のことを「憎めなくてみんなから愛されるキャラクター。とても羨ましく思います」と、自分なりに分析。「声量や目の強さ、“真っすぐ届けること”を大切にしました」と、ズバズバ物申しつつも決して反感を買うことのない萩というキャラクターに込めた思いを明かした。

 刑事役という新境地に挑んだことについては、「本当に難しかったです。言葉の一つ一つが慣れなくて皆さんに教えてもらいながら、なんとか成立させることができました」と謙遜しながらも、「実際にセリフで覚えることによって刑事の仕事についても知ることができて勉強になりました」と達成感をにじませていた。

 回想シーンでは、ブレザーにチェックのプリーツスカートという制服姿に身を包み、高校時代の萩も熱演。実は、このシーンでは萩が刑事を志すこととなった衝撃のきっかけが描かれるが、「久しぶりの制服はそわそわしました! 実は、今回の回想シーンはドキッとしました。この頃から萩は“ある想い”を抱いていたんだな…。そう思うと、とても純粋で可愛らしいなと思います」と、キャラクターへの愛おしさを実感しながら演じたことを打ち明けた。

 三吉はさらに、「萩の一生懸命な姿と、愛と向き合っていく方々を見届けていただきたいなと思います」と、視聴者にメッセージも送った。

 連続ドラマ『警視庁・捜査一課長2020』は、テレビ朝日系にて4月9日より毎週木曜20時放送(初回2時間スペシャル)。

関連記事(外部サイト)