石原さとみ、リアルすぎる恋愛観にTOKIO驚き 松岡昌宏「男心をもてあそびやがって!」と絶叫

石原さとみ、リアルすぎる恋愛観にTOKIO驚き 松岡昌宏「男心をもてあそびやがって!」と絶叫

『TOKIOカケル』にゲスト出演する石原さとみ(C)フジテレビ

今夜4月8日23時放送のバラエティー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に女優の石原さとみがゲスト出演し、TOKIOと男女の恋愛観の違いについてトークを展開するほか、一時期仕事がゼロになって泣き暮らしていた経験も明かす。

 今回は、男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を刑事にふんしたTOKIOが選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を、女性刑事にふんした石原に判定してもらう企画“完全に好きアピ警察24時”を放送。企画について説明され、「これで盛り上がれる人生、楽しいですね」と冷静な石原が、女子に夢見る男子たちに容赦ない判定を突きつけていく。

 城島茂、長瀬智也が熱くプレゼンするもあっけなく撃沈。そして、これまで最も“クロ”判定を見抜いてきた松岡昌宏が登場する。「石原さとみさんの心の鍵を開けるのは俺だ!」と意気込んでプレゼンする松岡だったが、「男心をもてあそびやがって!」と絶叫するまさかの展開に。

 さらに、“最も女性に気をつけた方がいい男性”として石原に名指しされた長瀬が、企画開始以来、最も女性刑事(=石原)をドン引きさせてしまう。

 また、「飲み会でいつも隣に座ってくる」女子の行動に“クロ”と判定する石原が、「飲み会の規模によって違うと思うんですけど…」と自身の恋愛観について語る。世の中の女子が最も憧れる女優のひとりである石原が明かす“恋愛ルール”とは?

 このほか、「石原がどんなことを“しなさそう”か」というテーマで街の人へインタビューを敢行。それに対して、石原に“する・しない”を答えてもらう企画“石原さとみのしなさそうトーク”も。「人生で挫折したことがなさそう」という街の人の声を聞き、「あります。仕事がゼロになってしまったことがあって、毎日泣いていました」と話す石原。挫折を乗り越えたきっかけを明かす。

 さらに、松岡からなぜか「TOKIOのことを信用していなさそう」と言われ驚く石原。松岡がそう思う理由には過去の共演での“ある出来事”が関係していた。石原も覚えていたその“出来事”とは!?

 半年ぶりの収録を終えた石原は「やっぱりTOKIOさんは安心しますね。自由にさせてくださるというか、本当に楽しい収録でした」と語った。また、女性に気をつけた方がいいなと思うTOKIOのメンバーを聞かれると「長瀬さん(笑)。長瀬さんはすごくモテそうなのにモテなさそうなエピソードをお話されていた気がしました。かわいらしい方です」と答えていた。

 石原さとみが出演する『TOKIOカケル』はフジテレビ系にて今夜4月8日23時放送。

関連記事(外部サイト)