山田孝之×仲里依紗『はるヲうるひと』公開延期 佐藤二朗監督「正直すごく悔しい」

山田孝之×仲里依紗『はるヲうるひと』公開延期 佐藤二朗監督「正直すごく悔しい」

映画『はるヲうるひと』佐藤二朗のメイキングカット(C) 2020「はるヲうるひと」製作委員会

5月15日からの公開を予定していた山田孝之主演の映画『はるヲうるひと』が、新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由に公開延期となった。延期後の公開予定日は未定。

 原作・脚本・監督を務める俳優の佐藤二朗は「今の時期だからこそ、負に打ち克つため、生き抜くため、必死に闘う男女を描いたこの映画を、沢山の方々に観て欲しかった。正直すごく悔しい。僕らは今、新型コロナウイルスという大きな負に打ち克とうと、生き抜こうと、必死に闘っている。さほど遠くない先に、その闘いに僕らが勝利し、この映画を皆さんにお届けできる日が訪れるよう、心の底から願う」とのコメントを発表した。

 本作は、佐藤が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で2009年に初演、2014年に再演された舞台が原作。架空の島にある売春宿を舞台に、生きる手触りがつかめず、死んだように生きる男女が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いを描いていく。キャスト陣には山田のほか、仲里依紗、向井理、坂井真紀、監督の佐藤らが名を連ねている。

関連記事(外部サイト)