鈴木京香「行列の女神〜らーめん才遊記〜」、黒島結菜の両親に高畑淳子&利重剛

鈴木京香「行列の女神〜らーめん才遊記〜」、黒島結菜の両親に高畑淳子&利重剛

ドラマBiz『行列の女神〜らーめん才遊記〜』に出演する高畑淳子、利重剛(C)テレビ東京

女優の鈴木京香が“ラーメンのカリスマ”役で主演を務める4月20日スタートのドラマ『行列の女神〜らーめん才遊記〜』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の追加キャストとして、女優の高畑淳子と俳優の利重剛の出演が発表された。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」をモチーフにしたポスタービジュアルも解禁された。

 本作は、ラーメン業界をけん引する「清流企画」社長の芹沢達美が、苦境にあえぐラーメン店を救うフードコンサルティングの物語。原作は、2009〜14年に「ビッグコミックスペリオール」で連載された久部緑郎・作、河合単・画による漫画『らーめん才遊記』。

 鈴木が主人公・芹沢を演じるほか、黒島結菜が、料理の才能には秀でているが天然で空気が読めない「清流企画」新入社員・汐見ゆとり役を務める。

 高畑が演じるのは、ゆとりの母で、全国に支部を持つクッキングスクールの総帥を務め、著名な料理評論家でもある橋爪ようこ役。利重は、ゆとりがラーメンに興味を持つきっかけを作ったカメラマンの父・汐見亮二役を演じる。

 ようこは自然派食品原理主義者で、ラーメン業界にとっては天敵のような人物。子供の頃からゆとりに英才教育を施し、後継ぎにと考えているが、それに反発するゆとりとの間には確執が…。そのうえ、どうやら芹沢との間にも因縁がある様子だ。

 高畑は「テレビ東京の『ドラマBiz枠』は役者仲間の間でとても評判が良いので、出演のお話をいただいて嬉しかったです。鈴木京香さんとご一緒出来るのも楽しみです! でも、原作ではラーメン作りの天才(芹沢)がタコ入道みたいで京香さんとは全く違うので、びっくり!」とした上、自ら演じるようこ役については「少々、片寄った人間ですが…面白い人だなーと」と語っている。

 一方、出演が決まって「いっぱい食べられるかも、ラッキー」と喜ぶラーメン好きの利重は、亮二役について「いろいろ謎がありそうな、掴みどころのない不思議なキャラクターなので、演じていてとても楽しいです」としている。

 ポスタービジュアルには、街の風景を背にメインキャストが勢ぞろいし、それぞれが思い思いのラーメンを食している構図。「人を惹きつけ、人を並ばせる、ラーメンの秘密教えます」というキャッチコピーが添えられている。

 ドラマBiz『行列の女神〜らーめん才遊記〜』はテレビ東京系にて4月20日より毎週月曜22時放送。

関連記事(外部サイト)