亀梨和也、ラグビー・姫野和樹らアスリートの知られざる物語をナビゲート

亀梨和也、ラグビー・姫野和樹らアスリートの知られざる物語をナビゲート

『亀梨和也のヒーローになった日』での亀梨和也(C)日本テレビ

アスリートたちがヒーローとなった日の感動的な物語を紹介する『亀梨和也のヒーロになった日』が、日本テレビ系にて4月11日14時55分に放送される。

 日テレ野球中継の顔でもあるKAT‐TUNの亀梨和也がナビゲーターを務め、アスリートたちの実話を、厳選したスポーツ映像と本人や関係者の証言、ロケ映像を織り交ぜて描く。さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響でスポーツ界の試合開催が延期・中止されている中、プレーできない今の心境、試合再開に向けての現状、そしてファンへの思いを、現役アスリート本人が語る。

 昨年のラグビーワールドカップでベスト8進出に貢献した姫野和樹は、スター選手として活躍していた大学時代、高校の同級生が難病を発症したことを耳にする。その時、姫野が取った驚きの行動とは? 姫野に勇気づけられた同級生は奇跡的な回復を遂げる。ラグビー日本代表、史上初の快挙がかかった大一番、スコットランド戦のスタンドには、その同級生の姿があった。

 そして今、ラグビートップリーグが中止になりプレーができない現状、今の心境を姫野が語った。試合再開の日々に向けての今の心境、プレーが出来ず改めて気づいたファンの存在…。姫野が初めて、今を本音で語る。

 23歳にして巨人不動の4番、岡本和真には、知られざるどん底の日々があった。高橋由伸監督(当時)が4番に抜てきした2018年、巨人の4番の重圧をはねのけ期待に応え続けた岡本は、9月頭にはホームラン30本に到達。そんな矢先、右手にデッドボールを受け、その後成績は急降下した。実は、骨折を隠し試合に出場していた。成績が下がり続ける中でも、高橋監督は岡本を4番で起用し続けた。すると、史上最年少「3割30本100打点」がかかったシーズン最終戦、岡本がヒーローになる。当時の監督、高橋由伸が今だから明かす岡本を起用し続けた理由、そして知られざる岡本との秘話とは。

 元巨人・柴田章吾は中学3年生の時、1万人に1人と言われる難病「ベーチェット病」と診断された。それでも甲子園出場の夢をかなえるため、高校野球の名門に進学し、チームメイトには病気のことを隠し続けながら闘病に励み、3年生になるとマウンドに立てるまでになった。甲子園出場がかかった県大会直前、これまで支え続けてくれたチームメイトに本当の病状を明かすことを決断。決勝戦、最終回のマウンドには柴田が。明治大学に進み野球を続けた柴田は、難病と闘う人々のヒーローになった。

 そして今、新たな挑戦を始めた柴田。今春、センバツ中止で甲子園の舞台に立てなかった高校球児へ、伝えたい言葉があった。

 なでしこジャパンの司令塔、長谷川唯は、最大の武器である正確なパスで攻撃の中心を担い、所属する日テレ・ベレーザを史上初の5連覇に導いた。その長谷川と中学校からの親友が、なでしこジャパンの「10番」籾木結花。なでしこフィーバー以降、人気低下の現状に危機感を覚えた籾木は、慶大在学中、集客をテーマとした卒業論文に取り組むことに。さらに観客満員プロジェクトを立ち上げ、長谷川らチームメイトとともに人気復活への挑戦が始まった。そして迎えた去年の首位攻防戦、籾木の目の前に広がったのは、観客で埋まったスタンド。そのピッチで籾木が輝きを見せた。

 籾木の人気復活への取り組みを、普段は見られない大学での研究活動映像を交えながら紹介する。

 『亀梨和也のヒーローになった日』は日本テレビ系にて4月11日14時55分放送。

関連記事(外部サイト)