NEWS・増田貴久、“なんもしない人”がピタリとはまる希少な存在感 2020年は飛躍の年へ

NEWS・増田貴久、“なんもしない人”がピタリとはまる希少な存在感 2020年は飛躍の年へ

ドラマホリック!『レンタルなんもしない人』メインビジュアル(C)「レンタルなんもしない人」製作委員会

テレビ東京で放送中の深夜ドラマ『レンタルなんもしない人』が、今の時代ならではの人とのつながり方、生き方を映し出し、SNS上でも「癒される」「余韻がハンパない」「なんか泣ける」と評判を集めている。そんな1話完結の本ドラマの空気感を作っているのが、主人公の“レンタルさん”こと森山将太を演じる、人気アイドルグループNEWSの増田貴久だ。今年は人気バラエティー番組へのレギュラー出演や、ミュージカルへの主演が決定するなど、飛躍の年になりそうだ。

 2018年6月、ツイッターに「レンタルなんもしない人」なるアカウント名で、「なんもしない人(ぼく)を貸し出します」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます」という不思議なサービスが登場。瞬く間に話題を集め、テレビやラジオで紹介され、漫画や書籍も出版された。この実在のサービスを基にドラマ化したのが、『レンタルなんもしない人』である。

■“なんもしない人”がハマるアイドル

 人気アイドルでありながら、どこか隣のお兄ちゃんのような親しみやすい雰囲気を醸し出す増田は、出演にあたり「楽屋では、何もしないでぼーっと座っていることが多くて…。そのことをNEWSのメンバーにもよく指摘されるので、我ながらぴったりの役だなと思い、嬉しかったです」とコメント。だが“レンタルさん”は、決して楽な役ではない。しばしば芝居において難しいと言われるのは、際立った個性のない、いわゆる「普通の人」を演じること。そして本作の主人公は「普通の人」どころか「なんもしない人」だ。受けの芝居ともまた違う。

 第1話では「東京最後の一日に付き合ってほしい」という依頼主の亜希(志田未来)が登場し、物語の後半では河原に行くという展開に。何の爪痕も残せなかったという東京での日々をこんこんと語っていく亜希だったが、“レンタルさん”の「毎日、悪いもんじゃない」という言葉に確実にそこにあった東京での日々を思い出す。あふれ出る涙とともに笑顔を取り戻していく亜希の横で、あろうことか河原の心地よさにいつの間にか寝てしまっている“レンタルさん”の絶妙な空気を、増田が生んでいた。

 “レンタルさん”の妻を演じる比嘉愛未は、増田との初共演に「緊張させない安心感や親近感があり、すでに“レンタルさん“だなと思いました」とコメントを寄せたが、ただ誰かが隣にいてくれることの大きさを、過剰なアピールをすることなく実感させたのは、普段より温かなオーラをまとった増田だからと言える。

 ちなみにエンディングに流れる曲は、NEWSによる『ビューティフル』。増田が「何にもしなくても、無理をしなくても美しいんだよと、ドラマのテーマに沿ったぴったりの曲」と紹介するこの主題歌は、増田自身が以前より“美しい”がテーマの曲を歌いたいと要望し、今回制作されたもの。曲中では得意な口笛も披露しており、「僕の要素が詰まっている1曲」と語った。飾り気のない美しい曲が、物語の余韻を優しく包み込んでくれる。

■「今までの役で一番好き」“レンタルさん”増田に癒される人が続出

 ドラマは現在第3話まで放送され、SNS上には“レンタルさん”増田に癒される人が続出している。「まっすーの可愛いが楽しめる!」「今までの役で一番好き」というファンの声だけでなく、「心が優しくなりました」「レンタルさん役のまっすー、素晴らしくフィット」「エンディング、レンタルさんと繋がっているような不思議な気分になった」「まっすーの穏やかさが、レンタルさんに近いんだろうな」と、増田が演じた“レンタルさん”だからこその感動の声が寄せられている。

 第2話は岡山天音をゲストに「仕事でトラブルがあり、会社に出社するのが怖いから付いてきてほしい」という依頼。第3話では福原遥をゲストに「21歳の誕生日を迎えるので、日付が変わったら祝ってほしい」という依頼が舞い込んだ。話数を重ねるにつれ、“レンタルさん”自身の過去や家族とのエピソードが描かれ、森山将太という役の多面さも見え始めた。なんもしていないようでいて、周囲に変化を与えていく“レンタルさん”と、自らの生活もある森山将太。第4話以降も、ひとりの人物の層を、増田ならではのたたずまいで、緩やかに積み上げていくに違いない。

■まっすー快進撃! 得意の歌でミュージカル主演も

 さて、現在33歳の増田がジャニーズ事務所に入所したのは、小学6年生の時。活動期間は20年を超える。言わずもがな、2003年に結成されたNEWSの一員として活躍中の人気アイドルだ。『レンタルなんもしない人』では“レンタルさん”本人のトレードマークであるグレーのパーカーとチノパンにキャップという出で立ちをコピーしている増田だが、NEWSのライブ衣装も手掛けるなど、ファッションセンスに定評がある。歌唱力も折り紙付きで、その歌声は普段、アイドルソングを聴かない層からも支持されることが多い。

 また今年の1月からはバラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!』のレギュラーに抜てきされ、これまでのジャニーズ枠とは一味違う魅力を振りまいている。自然体でちょっと天然、周囲からのツッコミで際立つ温かな人柄と、いわゆる決めのスマイルではない、まさしく破顔といえる思い切りの笑顔を見せて人気を博している。

 9月には、『努力しないで出世する方法』のタイトルでも知られるブロードウェイの名作ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』の主演も務める予定と、快進撃が続く。個人としての大きな仕事が立て続けに決まるのは、必要とされていることの証だ。増田の好きな言葉は「現状維持」。目の前の仕事をこつこつとこなしてきた彼は、その稀有(けう)なる個性を保ち続けながら、飛躍の年をしなやかに超えていくだろう。(文・望月ふみ)

関連記事(外部サイト)