浜辺美波×横浜流星『私たちはどうかしている』、高杉真宙、岸井ゆきのら追加キャスト発表

浜辺美波×横浜流星『私たちはどうかしている』、高杉真宙、岸井ゆきのら追加キャスト発表

水曜ドラマ『私たちはどうかしている』発表された追加キャスト陣浜辺美波画像(C)Tomomi Matsui、横浜流星画像(C)森山将人(TRIVAL)、高杉真宙画像(C)塚原孝顕、山崎育三郎画像(C)Masayuki Kusakari、前原滉画像(C)厚地健太郎

女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がダブル主演を務める、7月スタートのドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系/7月より毎週水曜22時)より、俳優の高杉真宙、女優の岸井ゆきのら、総勢11名の追加キャストが一挙解禁された。

 本作は、漫画雑誌「BE・LOVE」(講談社)連載中の、安藤なつみによる累計発行部数200万部を超える同名漫画のドラマ化。15年前に起こった老鋪和菓子店「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命にほんろうされながらも惹かれ合う2人の姿を描くラブミステリー。可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜役を浜辺、創業400年の老舗和菓子店のクールな跡取り息子・高月椿役を横浜が演じる。

 今回発表されたのは、主人公の七桜と椿それぞれの思いに、時に寄り添い、時には立ちはだかる、個性豊かな登場人物たちを演じるキャスト陣。七桜の同僚として光月庵で働く見習い職人・城島裕介役を高杉、結婚式当日、椿に婚約を破棄されてしまう名家のお嬢様・長谷栞役を岸井が演じ、光月庵の職人たちを和田聰宏、岡部たかし、前原滉、草野大成が務める。

 また、付かず離れず七桜を温かく見守る謎の男・多喜川薫役に山崎育三郎、無実の罪を晴らすことなく死別した七桜の母・大倉百合子役を中村ゆりが熱演。さらに、15年前、謎を残したまま何者かに殺害された椿の父・高月樹役に鈴木伸之、七桜と椿に深く関わっていくことになる小料理屋の女将・宮部夕子役に須藤理彩、椿の祖父であり、光月庵の大旦那・高月宗寿郎役に佐野史郎がキャスティングされた。

 高杉は「(自身が演じる)城島君がどのようにしてこの光月庵で絡んでいくのか、人一倍明るく元気な子に演じていけたらと思います」、岸井は「それぞれに復讐や陰謀があり、どうかしていると自覚している狂気はしたたかで、和菓子と相まって鮮やかだと思いました。視覚的にも楽しんでください!」とそれぞれコメントした。

 水曜ドラマ『私たちはどうかしている』は日本テレビ系にて7月より毎週水曜22時放送。

関連記事(外部サイト)