絆を強めるバディが熱いアニメ 『啄木鳥探偵處』『ノイエ銀英伝』『富豪刑事』など5作品

絆を強めるバディが熱いアニメ 『啄木鳥探偵處』『ノイエ銀英伝』『富豪刑事』など5作品

テレビアニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』場面写真(C)田中芳樹/松竹・Production I.G

シャーロック・ホームズとワトソンのように、名コンビが活躍する“バディもの”はいつの時代も人々を惹(ひ)きつける。性格や環境、考え方も違う2人が、時には憎まれ口をたたきながらも、ともに壁を乗り越えていく姿は、えも言われぬ爽快感があるもの。そんな、ステキなコンビが活躍する“バディアニメ”の魅力に注目していきたい。

■『啄木鳥探偵處』石川啄木&金田一京助

 まずは“石川啄木と金田一京助”という、明治を生きた実在の人物をモデルにバディの関係を描く『啄木鳥探偵處(きつつきたんていどころ)』。第3回創元推理短編賞を受賞した『高塔奇譚』など全5編を収録した伊井圭の連作本格ミステリー小説を原作に、天才歌人の啄木と、生涯にわたり啄木を支えた相棒である京助が、奇怪な事件に挑む姿を描く。金と女にだらしないが、どこか憎めない色男の啄木と、啄木に振り回されながら事件に首を突っ込む生真面目な京助とのコントラストが鮮やかで、2人の掛け合いがなんとも心地よい。

 彼らの関係のキーとなるのが、啄木の才能。1話冒頭の京助の独白は、啄木への並々ならぬリスペクトと愛が込められ、これから始まる物語が輝かしいものとなることを予感させた。啄木役の浅沼晋太郎、京助役の櫻井孝宏という同世代声優のバディ共演も期待大! 作品全体も、明治時代の雰囲気を大切に描いており、差し込む光や揺れる木々など、当時の香りや風までも感じられるような丁寧な情景描写も見どころだ。

■『銀河英雄伝説 Die Neue These』ラインハルト&キルヒアイス

 はるか未来の宇宙を舞台にした田中芳樹のSF小説を再アニメ化する『銀河英雄伝説 Die Neue These』のラインハルト・フォン・ローエングラム(宮野真守)&ジークフリード・キルヒアイス(梅原裕一郎)もナイスコンビ。銀河帝国と自由惑星同盟という2国家の抗争が続く世界で、銀河帝国軍の若き将校として活躍するのがラインハルト、彼の親友であり腹心としても補佐するのがキルヒアイスだ。

 幼少期、皇帝の寵姫となったラインハルトの姉を取り戻すと誓い、銀河帝国のトップを目指しながら苦楽をともにしてきた2人を、宮野は「キルヒはもはや、ラインハルトの一部」とコメント。切り離せない関係だと分析している。壮大なストーリーのひとつの柱となる、彼らの信頼関係を堪能したい。

■『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』神戸大助&加藤春

 “クールな大富豪の御曹司と熱血刑事”が事件に立ち向かう姿を描くのが、『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』。原作は筒井康隆のミリオンセラー小説『富豪刑事』。主人公を女性に変えたドラマ版では深田恭子が主演を務め、かわいらしい表情で「ちょっとよろしいでしょうか」と事件解決に乗り出していたのも印象的で、原作誕生から40年以上を経てもまったく色あせない人気シリーズだ。ダンサー・俳優として活躍する大貫勇輔がアニメ声優初挑戦にして大助役を、声優の宮野真守が春役を演じる。

 今回のアニメ版では、神戸家の御曹司・大助が警視庁で問題を起こした人間が送り込まれる「現代犯罪対策本部準備室」、通称「現対本部」に赴任。正義のために動く情に厚い男、加藤春とバディを組むこととなる。マイペースで浮世離れした大助が巨額の金で事件を解決する姿もおもしろいが、金にものを言わせて行動する大助を苦々しく思う春との衝突も見どころで、これぞ組み合わせの妙といったところ。現代を舞台にしているとあって、AIを搭載した最新ガジェットもお目見え。3話以降の放送が延期となってしまったが、今後の展開を妄想しつつ、再開を楽しみに待ちたい。

■『天晴爛漫』空乃天晴&一色小雨

 『天晴爛漫』は、“天才エンジニアと臆病な侍”という凸凹コンビが奮闘するオリジナルアニメ。明治初期を舞台に、天才だが社交性ゼロの空乃天晴と、心配性の侍・一色小雨が、アメリカ大陸横断レースにトライする姿を映し出す。天晴役を花江夏樹、小雨役を山下誠一郎が演じる。

 名前に入った“晴”と“雨”のように、対照的な性格の天晴と小雨。天晴は他人に興味がなく、態度も淡々としているが、大好きなメカづくりのこととなると瞳を輝かせて無我夢中になる。和洋折衷の奇抜なファッションも特徴的だ。小雨は常識人で小心者。侍とはいえ争いを好まず、大きな体からお人好しな雰囲気がにじみ出るさまが愛らしい。エンジニア&侍という異色の2人ながら、王道のバディものとして仕上がっており、彼らの船出にワクワクとさせられる。ロマンと可能性にあふれた時代で、見たこともない世界を目指す天晴と小雨。今後も個性的なキャラクターが次々と現れるが、本作も4話以降の放送延期が決定しており、開拓者たちのさらなる躍動が待ち遠しい作品だ。

■『ギャルと恐竜』楓&恐竜

 最後に、バディではないがコンビのギャップが生み出すおもしろさの究極系ともいえるのが、ルームシェアすることになったギャルの楓と恐竜の交流をつづる、その名も『ギャルと恐竜』。口をぽっかりと開けた恐竜がなんともかわいらしく、楓からかけられる優しい言葉にパアッと笑顔になるさまも実にキュート。

 前半はアニメパート、後半は実写パートの2部構成となっており、実写パートには、恐竜のパートナーとして役者の見栄晴が本人役で登場。そのほか、歌手の高橋洋子がアパートの大家さん役で出演、さらには蒼井翔太もパラレルワールドの住人として登場するなど、初回からエンジン全開! 今後も予想外の展開がありそうで、大いに楽しみだ。(成田おり枝)

関連記事(外部サイト)