東宝『奥様は、取り扱い注意』『劇場版ポケットモンスター ココ』の2作品を公開延期

東宝『奥様は、取り扱い注意』『劇場版ポケットモンスター ココ』の2作品を公開延期

公開延期が決定した劇場版『奥様は、取り扱い注意』(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会

東宝は、6月5日公開予定だった『奥様は、取り扱い注意』と、7月10日公開予定だった『劇場版ポケットモンスター ココ』の映画2作品について、新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、各製作者と協議の上、公開延期を決めたと発表した。

 延期後の新たな公開日は未定。決定し次第、速やかに各作品の公式ホームページ、ならびに東宝ホームページにて告知するとしている。

 『奥様は、取り扱い注意』は、女優の綾瀬はるかと俳優の西島秀俊が夫婦役で共演した連続ドラマの劇場版。ドラマ版では元スゴ腕の特殊工作員で、現在はセレブな専業主婦の伊佐山菜美(綾瀬)が、正体を隠しながら主婦たちが抱えるさまざまなトラブルを解決していく姿を描いた。劇場版ではその最終回から半年後が舞台で、夫婦は地方都市で平穏な日常を過ごしていたが、次第に国家を揺るがす事件に巻き込まれていく。

 『劇場版ポケットモンスター ココ』は、ポケモン映画シリーズ23作目となる最新作。

 一方、東宝は12日、緊急事態宣言に伴い営業を休止していた全国のTOHOシネマズのうち10館について、5月15日より営業を再開すると発表した。一部自治体による映画館に対する休業要請の解除を受けてのもの。

 営業を再開するのは、TOHOシネマズ おいらせ下田/TOHOシネマズ 仙台/TOHOシネマズ 宇都宮/TOHOシネマズ 浜松/TOHOシネマズ サンストリート浜北/TOHOシネマズ ららぽーと磐田/TOHOシネマズ 新居浜/TOHOシネマズ 高知/TOHOシネマズ 長崎/TOHOシネマズ 与次郎の各劇場。

 飛沫(ひまつ)感染防止のため、原則1席ずつ間隔を空けて座席指定券を販売するほか、来場者に対しては、マスクの着用や手洗い、備え付け消毒液の使用、せきエチケットなど、感染予防および拡散防止への協力を要請。また、過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域に訪問歴がある場合は、来場を控えるよう求めている。

関連記事(外部サイト)