「ミニシアター・エイド基金」目標の3倍! 総額3億3102万円集まり終了

「ミニシアター・エイド基金」目標の3倍! 総額3億3102万円集まり終了

「ミニシアター・エイド基金」ロゴビジュアル

全国のミニシアターを応援するクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」プロジェクトが、約1ヵ月で目標金額の3倍を超える3億3102万5487円の資金を集め、5月15日終了した。

 同基金は、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、政府からの外出自粛要請が続く中、閉館の危機にさらされている全国の小規模映画館(ミニシアター)を守るため、映画監督の深田晃司、濱口竜介が発起人となり、有志メンバーで立ち上げたプロジェクト。「外出自粛の状況が3ヶ月続いた時に、閉館の危機に直面する運営団体」を支援対象とし、117劇場102団体が参加している。

 4月13日よりクラウドファンディングのプラットフォーム「MOTION GALLERY」にてプロジェクトを開始。同15日には文化芸術活動のクラウドファンディングにおいて日本初となる目標金額の1億円を国内最速で達成した。その後も外出自粛傾向が長期化することを見越し継続したところ、同28日に総額2億円、5月14日正午過ぎには3億円を達成。本来は同日を締め切りとしていたが、当日アクセス集中によるサーバートラブルが発生したため1日延長し、5月15日23時59分の締め切りまでに、総額3億3102万5487円(コレクター数2万9926人)が集まった。

 集まった資金は、参加した117劇場102団体へ、5月末に第1回、6月末に第2回の分配を行う予定。1団体あたりの平均額は306万円となる。

 発起人の1人である深田監督は「率直に言うと、私たちは最初は一ヶ月をかけてじっくり一億円を越えていこう、と話していました。そんな私たちの考えは本当に甘かったこと、映画ファンのミニシアターへの思いを舐めていたことは、開始3日で1億円を越えてしまったことで明らかでした」と語り、3億円を超える資金が集まったことに「この金額は、これまで多くの映画ファンにかけがえのない思い出を残し、コロナ禍においてもそれをなくしたくないと思わせるだけの大切な仕事をしてきたミニシアターだからこそ集まった記憶と希望の結晶です」とコメントを寄せた。

関連記事(外部サイト)