映画『八王子ゾンビーズ』公開日を7.17に延期 ダンス&笑顔の場面写真公開

映画『八王子ゾンビーズ』公開日を7.17に延期 ダンス&笑顔の場面写真公開

映画『八王子ゾンビーズ』場面写真(C)2020「八王子ゾンビーズ」製作委員会

新型コロナウイルス感染状況を受け、三代目J SOUL BROTHERS・山下健二郎が主演を務める映画『八王子ゾンビーズ』の公開日が7月17日に延期されることが決定した。

 製作委員会は、「新型コロナウイルス感染状況に伴う政府および関係機関等の方針を鑑み、公開を2020年7月17日(金)に延期することを決定いたしましたので、お知らせ致します」と発表した。購入済の前売券は7月17日以降の上映期間でも使用可能。

 本作は2018年8月に東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演され、約2万3000人を動員した舞台『八王子ゾンビーズ』の映画化。舞台版で初主演を務めた山下が、本作でも主人公の夢破れたダンサー・羽吹隆役を務める。8人の成仏できない“訳あり”イケメンゾンビ「八王子ゾンビーズ」には、小澤雄太(劇団EXILE)、久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージが扮する。

 ダンサーになる夢を諦めた羽吹(山下)は、“自分探し”のため八王子の山奥にある「希望寺」で修業体験をすることに。この寺には「夜になったら、裏手にある廃寺には行ってはならない」というルールがあったが、羽吹は踊りたい気持ちを捨てきれず、満月の夜に廃寺でダンスの練習を始める。そんな羽吹の前にうめき声と共に現れたのは、8人のイケメンゾンビ集団“八王子ゾンビーズ”。満月に向かってダンスをすることで成仏ができるという彼らに頼まれ、羽吹はダンスを教えることに。しかし、彼らが成仏できない理由には、この寺の住職・孔明(松岡充)と八王子市長・大池(RIKACO)の深い思惑が隠されていて…。

 解禁された場面写真には、主演の山下とイケメンゾンビ軍団がキレのあるダンスを披露するシーンや笑顔でガッツポーズする姿、また、山下と希望寺の弟子・宝田を演じる勝矢がにらみ合うシーンなど、本編の見どころが切り取られている。

 映画『八王子ゾンビーズ』は7月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)