元テレ東・鷲見玲奈アナの悩み相談「フリーアナウンサーとしてどうすれば活躍できますか」

元テレ東・鷲見玲奈アナの悩み相談「フリーアナウンサーとしてどうすれば活躍できますか」

鷲見玲奈 クランクイン!

フリーアナウンサーの鷲見玲奈が20日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系/毎週水曜21時)に電話出演。3月にテレビ東京を退社したばかりの彼女がMC陣に対して「フリーアナウンサーとしてどうすれば活躍できますか?」と助言を求める一幕があった。

 今回の番組は“緊急企画”としてMC陣の後藤輝基、SHELLY、指原莉乃、そしてスタジオゲストの渡部建、お笑いコンビ・2丁拳銃の川谷修士の妻で放送作家の野々村由紀子、佐藤仁美が、芸能人から寄せられる電話相談に応えていった。

 3月末でテレビ東京を退社したばかりの鷲見は、スタジオにいるMC陣やゲストに対して「フリーアナウンサーとしてどうすれば活躍できますか?」と質問。彼女がフリー転身した直後に緊急事態宣言が発令されたことも影響し、現在は仕事がないとのことで「今30歳、ニートです」と自嘲気味にコメント。

 どんな番組に出たいかと問われた鷲見は「『ヒルナンデス』とか…」「あと『イッテQ』に出てパンスト相撲とかバンジージャンプとかもやってみたいです」と話すと、意外なバラエティ路線の回答にスタジオの出演者から笑いが起こった。野々村が「なんでやりたいの?」と質問すると、鷲見は「今まで“アナウンサーはこうあるべき”という固定観念に囚われてやってきたので、せっかくフリーになったので、今までできなかったことに挑戦したくて。素の自分を出していきたいですね」と答えていた。

 この相談に対して、渡部は「『ヒルナンデス』に出て、鷲見さんは何の貢献ができるんですか? パンスト相撲に出て貢献になりますか?」と問いかけ、「『この番組に出たら、ちょっとは貢献できるな』っていう思考にしないと、出れないと思います」と断言し、「(自分の)武器を考えて戦略を立てていった方がいいんじゃないですか?」とアドバイス。この助言にスタジオでは「厳しい…」という声も漏れたが、鷲見自身は「あ〜なるほど」と関心しきりだった。

関連記事(外部サイト)