広瀬すず「心にパワーをくれる素敵な作品」 映画『チア☆ダン』、特別編集を加え今夜放送

広瀬すず「心にパワーをくれる素敵な作品」 映画『チア☆ダン』、特別編集を加え今夜放送

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』場面写真(C)2017 映画「チア☆ダン」製作委員会

女優の広瀬すずが主演を務める映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』に、自粛生活が続く全国の学生へ向けたメッセージを加えた特別編集版が、TBS系にて今夜5月22日20時57分に放送される。

 2009年3月、福井県立福井商業高校のチアダンス部「JETS」が全米チアダンス選手権大会で優勝した。実際に起こったこの奇跡のような出来事は、“夢はかなう”と強く信じた普通の女子高生たちと彼女たちを支えた一人の教師との絆の物語だった…。

 本作は、この実話をもとに、軽い気持ちでチアダンス部に入部してしまったごく普通の女の子が、顧問の先生からの鬼のような指導やチームメイトの支えによって成長し、たった3年でチアダンス部が全米大会を制覇するまでの涙と友情の軌跡を描いたエンターテインメント作品。

 主演の広瀬に加え、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥といった若手女優陣が共演。そんな彼女らを見守る男子生徒役で新田真剣佑、伊藤健太郎が出演するほか、天海祐希が鬼教師役を演じている。監督は映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の河合勇人。脚本は映画『永遠の0』『糸』の林民夫。主題歌・挿入歌は広瀬の盟友である大原櫻子が手掛けた。

 県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬)は、中学からの同級生でサッカー部の孝介(新田)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし待ち受けていたのは、顧問の女教師・早乙女薫子(天海)による「目標は全米大会制覇! おでこ出し絶対! 恋愛禁止!」という超厳しいスパルタ指導。早々に周りが退部していく中、チームメイトで部長の彩乃(中条)の存在もあり何とかチアダンスを続けていく決意をするひかり。しかし、素人だらけのチームは、初めての大会で観客に笑われるほどの失敗をしでかす。チーム内での確執も深まり、部員の気持ちは完全にバラバラに。校長や教頭が廃部を決定する寸前、ひかりは校長室に押し掛け、とんでもない宣言をする。「わたしら、アメリカで優勝します! 全米を制覇します!!」―。

 今回は、外出自粛生活が続く全国の学生へ向けたメッセージを加えた特別編集で放送される。

 主演の広瀬は「チアダンは心にパワーくれる素敵な作品です。この時期に放送してくださることがとてもうれしいですし、本当に感謝しております!! そして、何より皆様のことを応援してくれる映画です!! いっぱい笑って、いっぱい泣いて、ガッツが届きますようにっ!」とのコメントを寄せている。

 映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は、TBS系にて今夜5月22日20時57分放送。

関連記事(外部サイト)