『美食探偵 明智五郎』武田真治に赤楚衛二が禁断の告白! シェフが選ぶ2人の結末は…

『美食探偵 明智五郎』武田真治に赤楚衛二が禁断の告白! シェフが選ぶ2人の結末は…

ドラマ『美食探偵 明智五郎』特別編第2夜場面写真(左から)赤楚衛二、武田真治(C)日本テレビ

俳優の中村倫也が主演を務めるドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)。31日は特別編第2夜として、武田真治演じる“シェフ”が悪質レビュアーを窒息死させた事件の裏側に迫るオリジナルストーリー、『ギャルソンは見た!! シェフと最後の晩餐編』を放送する。

 本作は、東村アキコによる漫画『美食探偵―明智五郎―』(集英社「ココハナ」連載中)をドラマ化する、恋する毒殺サスペンス。美食家の探偵・明智五郎(中村)が類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する。

 自分の大切なレストラン「メゾン・ヴェリテ」とその味を貶めた悪質レビュアーを殺したシェフ・伊藤(武田)。事件から数日後、「メゾン・ヴェリテ」が閉店を迎える夜、これまで伊藤と二人三脚でやってきたギャルソン・野中(赤楚衛二)が、敬愛するシェフにある秘密を打ち明ける。それは、自分はシェフの犯行に気づいていたというものだった…。

 「僕、事件のこと、絶対、誰にも言いませんから!」と、秘かに慕うシェフを、想いのこもった熱いまなざしで見つめる野中。その秘めた想いに応えるかのように、シェフは、いつか料理人になる夢を持つ野中に、自分の自慢料理、“仔牛のフィレとフォアグラのロッシーニ風”のレシピを伝授する。それは2人が互いを共犯者だと認めた瞬間だった…。

 そしてシェフは、自分を慕う弟子とともに「メゾン・ヴェリテ」最後の晩餐を催すのだった。はたして、シェフが選んだ2人の結末はいかに…!?

 特別編第2夜では、『ギャルソンは見た!! シェフと最後の晩餐編』に加え、“れいぞう子”(仲里依紗)を追い詰めたキッチン・ハラスメントの実態に迫る『れいぞう子のキッチン・ハラスメント地獄編』の2本立てとなる。

 ドラマ『美食探偵 明智五郎』特別編第2夜は日本テレビ系にて5月31日22時30分放送。

関連記事(外部サイト)