ジュード・ロウら“イケオジ”集結『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』場面写真解禁

ジュード・ロウら“イケオジ”集結『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』場面写真解禁

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』場面写真 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.

ウディ・アレン監督の最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』より、場面写真が解禁。ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーら実力派俳優たちが魅力的な“イケオジ”に扮した姿を切り取っている。

 本作は、古き良き米国の風情が残るニューヨークを舞台にしたロマンチックなラブストーリー。生粋のニューヨーカー、ギャツビー役をティモシー・シャラメが、アリゾナ出身の無垢なガールフレンド、アシュレー役をエル・ファニングが、ストレートな物言いの知的な女性チャン役をセレーナ・ゴメスが演じる。

 大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー)とアシュレー(エル)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラードにマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。2人は、彼女の取材を兼ねた、お泊まり旅行を計画していた。

 生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内するプランを立てる。ところが、ニューヨークに到着してポラードに会ったアシュレーは、新作の試写に誘われ、ギャツビーとの約束をキャンセル。一方、約束をドタキャンされたギャツビーは、学生映画を撮影中の旧友に偶然再会。自分の元恋人の妹チャン(セレーナ)とのキスシーンにエキストラとして参加し、熱い口づけを交わしてしまう。こうして、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事が次々と起こるのだった…。

 本作の脇を固めるキャストには、実力派のベテラン俳優たちが集結。妻の浮気が心配な脚本家テッド・ダヴィドフ役は映画『シャーロック・ホームズ』シリーズなどで知られるジュード・ロウ、ハンサムなラテン系映画スター、フランシスコ・ヴェガ役は『ビール・ストリートの恋人たち』のディエゴ・ルナ、スランプ気味な映画監督ローランド・ポラード役は『スポットライト 世紀のスクープ』のリーヴ・シュレイバーが担当。3人は、エル演じるアシュレーに魅了された映画業界のイケオジたちに扮する。

 今回解禁されたのは、そのイケオジたちを捉えた9点の場面写真。ポラード(リーヴ)の写真は、彼がアシュレーからインタビューを受ける場面や、業界関係者のパーティーでアシュレーと再会し、彼女の無垢な魅力に惹かれて口説くシーンを切り取ったもの。フランシスコ・ヴェガ(ディエゴ)の写真は、シャツの胸元をセクシーにはだけさせた姿、彼がアシュレーをディナーへ誘い、優しい微笑みで甘い言葉を語りかけている姿を収めている。テッド・ダヴィドフ(ジュード)の写真は、試写会後に行方をくらましたポラードを探しに、アシュレーと一緒に彼の行きつけの店にいる場面、車中でポラード監督作についてアシュレーと楽しく会話を弾ませる様子を切り取ったものとなっている。

 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は7月3日より全国公開。

関連記事(外部サイト)