三浦翔平&田中みな実&白濱亜嵐、『M 愛すべき人がいて』安斉かれんの素顔を暴露「ヤバ(笑)」

三浦翔平&田中みな実&白濱亜嵐、『M 愛すべき人がいて』安斉かれんの素顔を暴露「ヤバ(笑)」

『M 愛すべき人がいて』放送再開記念リモート会見に登場した(左から)白濱亜嵐、安斉かれん、三浦翔平、田中みな実(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

アーティストの安斉かれんと俳優の三浦翔平がダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の放送再開を記念してリモート会見が行われ、キャストの安斉、三浦、白濱亜嵐、田中みな実と脚本の鈴木おさむが登壇。撮影休止中の台本修正で内容がさらに過激になったことや、安斉の若者言葉が現場で大流行しているエピソードが明かされた。

 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描いた小松成美による同名小説(幻冬舎刊)を原作とする連続ドラマ。新型コロナウイルスの影響で撮影が遅れたため、第4話以降の放送が延期されていたが、6月13日から再開される。

 会見では、現場の様子を聞かれた三浦が「安斉さんがいると明るくなります」と答えれば、白濱も「今はマジメぶってるけど…(笑)、にぎやかですね」と同意。すると、すかさず田中が「『すご』『マジ』『ヤバ』って、2文字以上発しているところを見たことがないんです。それがみんなに移っていて、最近は三浦さんも『ヤバ』って(笑)」と若者言葉が流行していると暴露した。

 また、質問にはにかみながら答える安斉に、礼香になりきった田中が「何ヘラヘラしゃべってるの! さっきから語尾が聞こえないのよ!」、三浦がマサ風に「ヘラヘラすんな!」とツッコむなど、チームワーク抜群の掛け合いを披露した。

 脚本を手がける鈴木は、撮影が中断している間に「SNSの評判なども参考にして…欲が出てきた(笑)」と語り、台本を「さらにいろいろ激しく、かなりエキサイティングに」修正したと明かした。三浦が「セリフが1話分くらい増えていました(笑)」と語るほどに、衝撃的なせりふが大増量したという。

 アユ、マサ、礼香が集合する第6話の撮影中には、笑いが止まらなくなった安斉が本番中にもかかわらず三浦の後ろに隠れてしまう事態が勃発。どんなシーンなのか詳細は秘密だが、安斉が「ホントに伝説のシーンです(笑)!」と力説し、三浦が「礼香祭りです(笑)」と語るなど、さらなる礼香の暴走を匂わせた。

 本作は、今夜6月13日放送の第4話からついに後半戦に突入。音楽界の頂点を目指すマサとアユが、暴走する礼香をはじめ強敵たちが仕掛けるドロドロの愛憎劇に巻き込まれていき…。さらに礼香の眼帯の秘密も明らかになる。

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』は、テレビ朝日系にて毎週土曜23時15分放送。

関連記事(外部サイト)