“めるる”生見愛瑠、「こんなにバカにされてるんだ」と憤慨したエピソードとは?

“めるる”生見愛瑠、「こんなにバカにされてるんだ」と憤慨したエピソードとは?

『踊る!さんま御殿!!』での生見愛瑠(C)日本テレビ

今夜6月16日19時56分放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)は、「インテリ VS ノットインテリ」。おバカタレントが東大生でも解けない謎発言を連発する一方、合コンに納得いかないという東大出身俳優の独特すぎる理論にさんまはあぜんとする。

 スタジオにはインテリ代表としてフリーアナウンサーの皆藤愛子と東大出身の俳優・森田舜、ノットインテリ代表として小峠英二(バイきんぐ)、リモートでは現役東大生の上田彩瑛、大野南香、林輝幸、おバカタレントとして人気のシュウペイ(ぺこぱ)、生見愛瑠、別府ともひこ(エイトブリッジ)、丸山桂里奈が参加する。

 「インテリ・ノットインテリのちょっとイラつく言動」というトークテーマでは、生見が、以前とある番組で渡された台本に、「今日」という漢字にまでふりがながふってあり、「こんなにバカにされてるんだと思った」と憤慨。漢字の流れで別府が「テストで自分の名字の漢字を間違えた」というエピソードを話そうとしたところ、「本名が河野というんですが」と言い出し、さんまがビックリ。実は別府は前回出演時、さんまが「別府生まれの(名字が)別府なんだ!」と言ったことに、思わず「そうです」と返答。「否定できる隙間がなかった」と言い訳し、冒頭から強烈なおバカっぷりを披露する。

 一方、インテリチームは、林が「なんで勉強できるの?」と言われることにイライラ。「勉強をいっぱいしているからできるだけ」と言うも、ノットインテリチームは「勉強を何時間もできない」と理解できない。「車のナンバープレートの数字で素因数分解をする」というエピソードでは、インテリチームは「わかる」「やります」と盛り上がるも、ノットインテリチームは「素数を知らない」。さらに四字熟語の話題になると、ノットインテリチームから出た単語がまさかの「スピード違反」「信号機」。これにはさんまも「四文字にもたどりつかないのか」とあきれてしまう。

 NASAを目指せる頭脳を持ちながら俳優を選んだ異色の経歴を持つ森田は「合コンの支払いが理不尽」と熱弁。“女性より男性が多く支払う”のが合コンの常識だが、初めて合コンに行った際、それを知った森田は「ベンサムの功利主義に明確に反している」と主張し、合コンには二度と呼ばれなくなったそう。森田は「ベンサムの功利主義」について分かりやすく説明するも、ノットインテリチームは全員眉間にしわを寄せて首をかしげながらポカン。さんまも森田に「絶対モテない」と断言する。

 「私って頭がいいなあと思ったとき」というトークテーマでは、ミス東大でお笑い好きの上田が「暗記力がいいほうなので、漫才を3回見たらアテレコできる」と宣言。さんまはこの言葉にスイッチが入り、「セリフは覚えられるけど間は覚えられへんやろ」「あとは間や!」と熱血指導する。その成果か、後半の上田の成長ぶりに「いいよ上田伸びてるよ!」とさんまもデレデレに。

 『踊る!さんま御殿!!』は日本テレビ系にて今夜6月16日19時56分放送。

関連記事(外部サイト)