伊藤健太郎、日本一セクシーなお相撲さんに! 岡野玲子原作『両国花錦闘士』ビジュアル公開

伊藤健太郎、日本一セクシーなお相撲さんに! 岡野玲子原作『両国花錦闘士』ビジュアル公開

舞台『両国花錦闘士』に出演する伊藤健太郎のビジュアル(C)2020 『両国花錦闘士』

俳優の伊藤健太郎が相撲取り役で主演を務める舞台『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』(東京・明治座ほかにて12月から上演)より、伊藤がまわしを肩から下げたセクシーな裸体を披露する第1弾ビジュアルが解禁された。

 原作は、『ファンシィダンス』『陰陽師』などで知られる漫画家・岡野玲子による同名の相撲漫画。汗と根性は少なめで、どこまでも見目麗しく、ロマンスに彩られた力士たちを描き出し、女人禁制の国技ともいわれるスポーツを乙女の視点でポップに一刀両断するとともに、力士や相撲道の神髄に迫った。

 これを初舞台化する本作は、相撲と演劇の起源が共に神事であったという真理を核に、劇場という晴れの舞台において両者の融合を最高の、歌あり、ダンスあり、笑いあり、相撲ありのエンターテインメントとして届ける。

 主演の伊藤が演じるのは、力士であることに高い誇りを持ちながらも、美形でやせ型のナルシスト・昇龍役。このほか、内気だが相撲への情熱は人一倍、色白でぽっちゃり体型、昇龍のライバル雪乃童役には大鶴佐助。相撲が大嫌いな相撲記者・淳子役には大原櫻子。相撲部屋の女将・節子役には紺野美沙子。そして、昇龍を惑わす大手芸能事務所の女社長・桜子役には、りょう。さらに、原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズ Jr.)、入江甚儀、徳永ゆうき、岸本慎太郎(ジャニーズJr.)、根岸葵海(ジャニーズJr.)、大山真志、橘花梨、加藤梨里香、市川しんぺー、福田転球、伊達暁が出演する。

 作・演出は、緻密な人間描写と卓越した発想力で、近年は歌舞伎の脚本から、劇団四季の演出まで幅広く手掛ける青木豪。主題歌は熱狂的な相撲ファンであるデーモン閣下が手掛ける。

 主演の伊藤は「最初は『えっ、お相撲さんの役?』と正直ビックリしましたが、台本の第1稿を読んで、原作マンガのビジュアルを見ているうちにワクワクした気持ちがどんどん高まってきました」と話す。

 さらに「僕が演じる昇龍は、いわゆる恰幅のいいお相撲さんとは少し違って筋肉質タイプの力士。やはりビジュアルってすごく大事ですから身体づくりはしっかりとやりたい。本番までには鍛えておくつもりです。やりますよ!(笑)」と意気込んでいる。

 解禁されたビジュアルでは、“裸セクシー”をコンセプトに、昇龍にふんした伊藤がまわしを肩に担ぎ、土俵に見立てた円形の真ん中で凛とたたずむ。セクシーさと共に、古来より裸ひとつで土俵で戦う力士の覚悟も感じられる姿となっている。

 舞台『両国花錦闘士』は、東京・明治座にて12月5〜23日、大阪・新歌舞伎座にて2021年1月5〜13日、福岡・博多座にて同月17〜28日上演。

関連記事(外部サイト)