ジブリ『ナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋』『ゲド戦記』全国上映&特報公開

ジブリ『ナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋』『ゲド戦記』全国上映&特報公開

映画『風の谷のナウシカ』ポスタービジュアル(C) 1984 Studio Ghibli・H

スタジオジブリ作品の『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』が、6月26日より再び上映されることが決定。4作品の特報映像が公開された。

 公開される4作品は、いずれも「1度は映画館で見たい」名作ばかり。原作・脚本・監督の宮崎駿と、プロデューサーの高畑勲、音楽の久石譲が参加して1984年3月に劇場公開された『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿の名を世に知らしめた作品と言える。

 1997年7月公開の『もののけ姫』、2001年7月公開の『千と千尋の神隠し』は、原作・脚本・監督の宮崎と、プロデューサーの鈴木敏夫が参加して大ヒット。久石譲の音楽はもちろん、米良美一と木村弓の主題歌も爆発的な人気を呼んだ。そして、アーシュラ・K・ル=グウィンによる原作を、宮崎駿が原案、宮崎吾朗が監督と脚本を担当した『ゲド戦記』も国内外で大きな話題になった。

 国内外に大きな影響を与え、日本のアニメーションを世界規模に発展させた、長編アニメーションを語るうえで外すことができない4作が、全国372館の大スクリーンで上映される。

 併せて、各作品の特報も公開。緻密な作画と大スケールのストーリー、そして心に刺さるテーマソングが見る者を圧倒し、当時の感動がよみがえる映像となっている。

 『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』は6月26日より全国公開。

関連記事(外部サイト)