山下健二郎&2.5次元俳優陣『八王子ゾンビーズ』、“イケメンゾンビ”集結の新カット解禁

山下健二郎&2.5次元俳優陣『八王子ゾンビーズ』、“イケメンゾンビ”集結の新カット解禁

映画『八王子ゾンビーズ』場面写真(C)2020「八王子ゾンビーズ」製作委員会

三代目J SOUL BROTHERSの山下健二郎が主演し、原作・脚本・監督を鈴木おさむが務める映画『八王子ゾンビーズ』より、イケメンゾンビたちが集結する新たな場面写真が解禁された。

 本作は2018年8月に東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演され、約2万3000人を動員した舞台『八王子ゾンビーズ』の映画化。舞台版で初主演を務めた山下が、本作でも主人公の夢破れたダンサー・羽吹隆役を務める。8人の成仏できない“訳あり”イケメンゾンビ「八王子ゾンビーズ」には、劇団EXILEの小澤雄太ほか、『刀剣乱舞』『テニスの王子様』などをはじめとする2.5次元ミュージカルで人気を博す久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージが扮する。

 ダンサーになる夢を諦めた羽吹(山下)は、“自分探し”のため八王子の山奥にある「希望寺」で修業体験をすることに。この寺には「夜になったら、裏手にある廃寺には行ってはならない」というルールがあったが、羽吹は踊りたい気持ちを捨てきれず、満月の夜に廃寺でダンスの練習を始める。そんな羽吹の前にうめき声と共に現れたのは、8人のイケメンゾンビ集団“八王子ゾンビーズ”。満月に向かってダンスをすることで成仏ができるという彼らに頼まれ、羽吹はダンスを教えることに。しかし、彼らが成仏できない理由には、この寺の住職・孔明(松岡充)と八王子市長・大池(RIKACO)の深い思惑が隠されていて…。

 山下演じる羽吹と八王子ゾンビーズのさまざまな場面を捉えた、表情豊かな新場面写真には、羽吹と踊るゾンビ、喜ぶゾンビ、キメるゾンビなど、この作品ならではの“イケメンゾンビ”たちの姿が満載。満月に向かってダンスをすることで成仏できるというゾンビたちにダンスを教えることになった羽吹だが、果たして、個性が豊かすぎるゾンビたちをうまくまとめることはできるのか…。

 舞台から続くキャスト陣のチームワークの良さと、次々に変わる彼らのコミカルな表情に注目だ。

 また、本日より、映画『八王子ゾンビーズ』公式ツイッターにて、「レッツ成仏★キャンペーン」がスタート。消したい過去の思い出や黒歴史、捨てたいのに捨てられないモノについてのエピソードを投稿すると、抽選で豪華賞品が当たる。詳細は映画公式HPおよび公式ツイッターにて。

 映画『八王子ゾンビーズ』は7月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)