唐沢寿明主演『24 JAPAN』 木村多江、桜田ひよりら追加キャスト発表

唐沢寿明主演『24 JAPAN』 木村多江、桜田ひよりら追加キャスト発表

テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ『24 JAPAN』での(左から)唐沢寿明、桜田ひより、木村多江(C)2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

人気海外ドラマ『24‐TWENTY FOUR‐』リメイク版、唐沢寿明主演ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系)より追加キャストが発表され、木村多江、桜田ひより、筒井道隆らが出演することがわかった。木村と桜田は、唐沢演じる主人公の家族を演じる。

 アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が凶悪なテロ事件と戦う姿を描き、2001年に放送が開始されると、<1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描く>という革新的なスタイル、そして、スピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒した世界的大ヒットシリーズ『24‐TWENTY FOUR‐』。

 初の日本版リメイク『24 JAPAN』では、オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写。主演・唐沢が日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬(しどう・げんば)を、さらに仲間由紀恵が日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら)を演じる。

 この度発表されたのは、唐沢ふんする現馬の家族と、仲間ふんする麗の家族を演じるキャスト陣。総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたる中、同時に自身の娘が誘拐される事件も発生し、公私共に未曾有の局面に立たされる現馬だが、そんな現馬の妻で、なりふり構わず娘の捜索に奔走する獅堂六花(りっか)を演じるのは、近年はアクション女優としても高く評価されている木村。本作でも新たなアクションに挑戦する。

 そして、子役時代から圧倒的な演技力を発揮し、唐沢とも木村とも共演経験のある桜田が、誘拐される娘・獅堂美有(みゆ)を熱演。オリジナル版がスタートしたときにはまだ生まれていなかった17歳の若き演技派が、オリジナル版での人気キャラクター・キムの日本版という大役に真っ向から挑み、『24』の歴史に新たな風を吹き込む。

 木村は「外出自粛期間を経て撮影が再開するにあたり、“家族や誰かを守ろうとして行動する”という“人として大切なこと”も、このドラマで皆さんと共感し合えるんじゃないかな、と。六花を通して母の強さ、家族を守ろうという気持ちを表現できればいいな、と思いました」、桜田は「私たち撮影している側も毎日、本当にハラハラドキドキしながら撮影しています。皆さんにもぜひ見ていただけたら、うれしいです!」とそれぞれコメントしている。

 また、仲間演じる麗の家族として、夫・遥平役を筒井、息子・夕太役を今井悠貴、娘・日奈役を森マリアがそれぞれ演じることも決定した。

 ドラマ『24 JAPAN』はテレビ朝日系にて10月より放送(全24話)。

関連記事(外部サイト)