『日本沈没2020』小野賢章、初公開の本編映像で魂のラップ披露 監修はKEN THE 390

『日本沈没2020』小野賢章、初公開の本編映像で魂のラップ披露 監修はKEN THE 390

アニメ『日本沈没2020』場面写真(C)“JAPAN SINKS:2020”Project Partners

小松左京のベストセラー小説を原作としたNetflixオリジナルアニメ『日本沈没2020』より、小野賢章演じるカイトがフリースタイルラップ披露する本編映像が公開。ラップシーンはHIP‐HOPアーティストのKEN THE 390が監修している。

 本作は、SF作家・小松左京の小説『日本沈没』を、『夜は短し歩けよ乙女』『映像研には手を出すな!』などを手がけた湯浅政明監督がアニメ化。2020年を舞台に、ごく普通の家族を襲うリアルな危機が描かれる。主人公・武藤歩役の上田麗奈や小野をはじめ、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子らが出演する。

 初公開となる本編映像に映し出されるのは、絶望な状況で疲弊する歩たちに、小野演じるカイトが突然スマートホンで曲を流し、“希望の光差す”魂の叫びを表現するシーン。生き残った仲間たちに、カイトはフリースタイルラップで「ため込むのはナンセンス」と、心の内を吐き出すよう訴えかける。

 ラップを監修するのは、NBAバスケットボールプレーヤー・八村塁選手とのコラボが大きな話題を集めたKEN THE 390。今年デビュー15周年を迎えた日本を代表するフリースタイルラッパーで、音楽レーベル”DREAM BOY”主宰でもあるKENは、湯浅政明監督アニメ『DEVILMAN crybaby』で声優にも初挑戦しており、今回が2度目のオファーとなる。

 KENは、「いわゆる上手なラップではなく、手探りで、うまく韻は踏めないところもあるけれど、気持ちが前に出てしまうように書いてみたり、ラップしながら『だんだん気持ちがのってくる』ような瞬間を作ろうと、試行錯誤しました」と振り返る。また、「演者の皆さんは声で表現するプロなので、自分のアドバイスに対するレスポンスの速さ、再現の正確性にも驚きました」とコメントした。

 併せて公開された場面写真には、ラップを披露カイトと、次第に気持ちをたぎらせラップで応える歩が登場。歩がどのような思いを表現するのか期待が高まる内容となっている。

 Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没 2020』(全10話)は、7月9日より全世界独占配信(中国本土を除く)。

関連記事(外部サイト)