安斉かれん、“令和ギャル”ぶりでダウンタウンを翻弄 学生時代のモテエピソードも

安斉かれん、“令和ギャル”ぶりでダウンタウンを翻弄 学生時代のモテエピソードも

『ダウンタウンなう』にゲスト出演する安斉かれん(C)フジテレビ

歌手の安斉かれんが、明日7月17日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系/毎週金曜21時55分)にゲスト出演。自由すぎる過去を明かし一同を驚かせるほか、学生時代のモテエピソード、サックスの生演奏などを披露する。

 ダウンタウンの浜田雅功、松本人志と坂上忍の3人が、ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」。番組放送200回目となる今回は、ゲストに安斉と女優の大原櫻子、飲み仲間にフジテレビアナウンサーの山崎夕貴を迎えて届ける。

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日)で、浜崎あゆみをモデルにした主人公を演じ現在ブレーク中の安斉は、この日自由すぎる“令和ギャル”ぶりで一同を翻弄。まずは、ドラマで共演した田中みな実からの証言で、安斉の生態が明らかになっていく。そこで田中がダウンタウンへ送ったあるメッセージに一同はざわつき、坂上が「あそこまで嘘がつけるようになったんですね」と漏らす一幕も。

 また、現在20歳の安斉は、小学4年生くらいから髪を金髪にしたり、カラコンやつけまつげを付けたりし、休日にはばっちりメイクをするギャルだったことを告白。しかし、あることが理由で中学生のときには黒髪に戻ったと語り、その意外な理由に一同は驚く。

 そして安斉の幼なじみから彼女の恋愛に関するタレコミも。学生時代にとにかくモテたという安斉は、同級生や他校の生徒など多くの男子に告白されていたが、好きな人には一途なため全て断っていたのだという。そして、好きな男性のタイプと嫌いな男性のタイプを明かすが、その妙に具体的な例えが笑いを誘う。

 さらに、父親に連れて行ってもらった世界的アーティストのライブがきっかけで始めたというサックスの生演奏や、ドラマで共演した河北麻友子からの証言で、“英語と中国語にまつわる特技”を披露する。

 一方、女優のほか歌手としても活躍し、『NHK紅白歌合戦』への出場経験もある大原は意外な一面を激白。仕事現場で共演者やスタッフの言動を観察してしまうクセがあると語り、“気になった業界人”を一覧にして紹介するほか、心地良い音を追求する“ASMR動画”が大好きで、普段から咀嚼音(そしゃくおん)をつまみにお酒を飲んでいることを明かす。

 安斉かれんと大原櫻子がゲスト出演する『ダウンタウンなう』は、フジテレビ系にて7月17日21時55分放送。

関連記事(外部サイト)