杉咲花、「今まで感じたことのなかったような高揚感」 朝ドラ『おちょやん』クランクイン

杉咲花、「今まで感じたことのなかったような高揚感」 朝ドラ『おちょやん』クランクイン

2020年度後期 連続テレビ小説『おちょやん』主演の杉咲花

2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』でヒロイン・竹井千代役を演じる女優の杉咲花が、7月14日、NHK大阪放送局のスタジオでクランクインした。また、ヒロインの幼少期を、朝ドラ『スカーレット』で大島優子の長女役を演じた毎田暖乃が務めることも発表された。

 杉咲がクランクイン初日に撮影したのは、大阪・道頓堀の芝居茶屋で女中として働くシーンで、子役の毎田暖乃から代わって杉咲演じる千代が本格的に登場する最初の場面。

 撮影初日を終えた杉咲は「これまで、現場へ、千代へ、千代の大切な仲間たちへ、とにかく想いを馳せる日々でした。無事にクランクインできた今日、今まで感じたことのなかったような高揚感があり、現場にいられることの幸せを改めて噛みしめていたら撮影はあっという間に終わっていました。温かいおちょやんチームの皆様に迎え入れていただけて、これからの日々が本当に楽しみになりました。たくさんの方に楽しんでいただける作品になりますように、おちょやんチームの皆さんと、体に気をつけながら、心を込めて頑張っていきたいと思います!」とコメントした。

 また、本作の番組ロゴが完成し、公開された。物語の重要な要素ともなっている竹をモチーフにすることで、その力強い生命力と、厳しい環境の中を強く生き抜く主人公を重ね合わせている。また、演芸にも関わりの深い話であることから、歌舞伎や寄席の看板などにゆかりのある芝居の文字をロゴデザインのベースにしている。手がけたのはグラフィックデザイナーの廣田碧。

 NHK連続テレビ小説第103作となる本作は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるまでになった、ひとりの女性の物語。大阪・南河内の貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀で芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指す。そして喜劇の世界と出会い、喜劇界のプリンスと二人三脚で、昭和の戦前、戦中、戦後の激動期を駆け抜ける。

関連記事(外部サイト)