『アンサング・シンデレラ』初回 石原さとみ&西野七瀬に「美しい」「贅沢」の声

『アンサング・シンデレラ』初回 石原さとみ&西野七瀬に「美しい」「贅沢」の声

木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第1話場面写真(C)フジテレビ

女優の石原さとみが主演を務めるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第1話が16日に放送され、病院薬剤師の主人公を演じる石原と、新人薬剤師に扮した西野七瀬の2ショットに、ネット上には「美しすぎる…」「贅沢すぎる」といった声が相次いだ。

 本作は「月刊コミックゼノン」(コアミックス)連載中の荒井ママレによる漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を原作とした医療ドラマ。病院内の薬剤部で主に患者の薬の調剤・製剤を行う“アンサングヒーロー(縁の下の力持ち)”薬剤師たちの知られざる舞台裏を描いていく。

 第1話の冒頭、物語の舞台となる萬津総合病院に蜂に刺された急患が搬送されてくる。治療室が慌ただしくなる中、薬剤部副部長の瀬野(田中圭)と薬剤師8年目となる葵みどり(石原)が治療にあたる医師や看護師たちをサポートする。画面にお団子ヘアのみどりが真剣な表情とキビキビとした所作で仕事をこなしていく姿が映し出されると、ネット上には「カッコいいなぁ」「お団子ヘアかわいい〜〜!」などの反響が寄せられた。

 そんな中、萬津総合病院薬剤部に新人薬剤師として相原くるみ(西野七瀬)がやってくる。薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)に連れられ、病院の廊下を歩くくるみが画面に登場すると、ネット上には「どのアングルで映ってもかわいい」「七瀬さん可愛すぎる」といったコメントが投稿された。

 蜂に刺された急患の処置が終わった治療室で初めて顔を合わせることになったみどりとくるみ。その後、みどりは薬剤師の仕事を教えるためにくるみと行動を共にすることに。みどり役の石原とくるみ役の西野が並んで院内を慌ただしく動き回る姿に、ネット上には「この2人美しすぎる…」「石原さとみと西野七瀬の組み合わせが贅沢すぎる」「この2ショット反則すぎん?」などの声が集まっていた。

関連記事(外部サイト)