『ハケンの品格』第6話 “東海林”大泉洋が“春子”篠原涼子に「好きだ」 ラストに波乱の展開も

『ハケンの品格』第6話 “東海林”大泉洋が“春子”篠原涼子に「好きだ」 ラストに波乱の展開も

水曜ドラマ『ハケンの品格』第6話場面写真(C)日本テレビ

女優の篠原涼子が主演を務めるドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第6話が今夜放送される。第6話では、春子(篠原)に弱音を吐く東海林(大泉洋)というファンにはたまらないシーンが描かれるほか、クライマックスでは、本社に復帰したばかりの東海林に波乱の展開が待っている。

 本作は、中園ミホ脚本で2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というセリフが大きな話題を呼んだドラマの続編。篠原のほか、前作に引き続き大泉、小泉孝太郎、勝地涼、上地雄輔らが続投し、新たに杉野遥亮、山本舞香、吉谷彩子、塚地武雅、中村海人(Travis Japan)、伊東四朗が出演する。

 ゲストの長野博が社長を演じる「隅田フーズ」をめぐる攻防が描かれる第6話。社長の命令を受け、業務の合理化とコストカットを担当することになった東海林は、S&F社の自社ブランドの弁当を作る「隅田フーズ」がコストカットされる運命だと知る。「隅田フーズ」を担当する里中(小泉)はこれを拒否。春子たちと協力し、「隅田フーズ」の利益率を上げるために奔(ほん)走する。

 第6話でも春子と東海林の丁々発止のやり取りは健在。…と思いきや、コストカッターとしての重圧に、2人っきりのシーンではいつになく弱気な態度で春子に接する東海林も観られ、“東海林ファン”にはたまらないシーンも。予告ですでに公開されている「やっぱり好きだ!」のあとの展開に注目だ。

 そして、今回も頼もしすぎる“スーパーハケン”春子。当然のように気象予報士の資格があることが判明し、天気予報をめぐり春子の鋭い読みとAIが対決する展開に。しかし、その対決の先には意外な結末が待っている。

 いつか人間はAIに仕事を奪われてしまうのか? 実社会と地続きの問いが描かれる第6話。クライマックスでは、東海林をめぐる波乱の展開も描かれる。

 ドラマ『ハケンの品格』第6話は、日本テレビ系にて7月22日22時放送。

関連記事(外部サイト)