映画『騙し絵の牙』今年の公開見送り2021年に

映画『騙し絵の牙』今年の公開見送り2021年に

映画『騙し絵の牙』第2弾ポスタービジュアル(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、延期されていた大泉洋主演映画『騙し絵の牙』の新たな公開日が2021年に決定した。

 製作委員会は「検討を重ねた結果、本年中の公開は見送り2021年に公開することを決定しました。作品の公開を楽しみにしてくださっていた皆様のご期待に添えず、さらに長くお待たせしてしまうことを、深くお詫び申し上げます」とコメント。新たな公開日は、決まり次第公式SNSおよび公式サイトにて発表される。

 作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。監督は吉田大八。

 主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役として松岡、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役として佐藤が出演。その他、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、恂{晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら豪華俳優陣が集結する。

 映画『騙し絵の牙』は2021年公開。

関連記事(外部サイト)