草なぎ剛主演『ミッドナイトスワン』母性が目覚める予告解禁

草なぎ剛主演『ミッドナイトスワン』母性が目覚める予告解禁

映画『ミッドナイトスワン』場面写真(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

俳優の草なぎ剛がトランスジェンダー役で主演する映画『ミッドナイトスワン』より、予告編が解禁された。

 本作は、トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱え新宿を舞台に生きる凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれず生きるもバレエダンサーを夢見る少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描く“ラブストーリー”。

 故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立ち、ひたむきに生きるトランスジェンダーの凪沙。ある日、養育費を目当てに、育児放棄にあっていた少女・一果を預かることに。常に片隅に追いやられてきた凪沙と、孤独の中で生きてきた一果。理解しあえるはずもない二人が出会った時、かつてなかった感情が芽生え始める。

 今回解禁となった予告編は、凪沙と中学2年生の少女・一果の小さな部屋での生活から始まる。本当の親子のように手作り料理を囲む2人。一果の髪の毛を櫛(くし)でとき、笑みがこぼれる凪沙の表情が伺える。「私ね、あの子の可能性をつぶしたくない」。凪沙の一果に対する強い意志を感じられるシーンも見られ、娘のように想う様子が映されている。

 また、一果を抱きしめて「うちらみたいなんは、ずっと一人で生きていかんといけんのんじゃ。強ならんといかんで」と、凪沙と一果の故郷である広島弁も披露。そのほかにも一果を支えるバレエ教室の先生役・真飛聖、若くして一果を生んだ本当の母親役の水川あさみや、凪沙が働くショーパブのママである田口トモロヲなど、個性豊かな実力派俳優陣も捉えられている。メインテーマは、音楽家・渋谷慶一郎が本作品のために書き下ろした。

 草なぎは凪沙役について、インタビューで「凪沙という役は、僕にとって、自分の人生を踏まえてこそ、いちばん力を発揮できる役かもしれない」(「文春WOMAN」)と熱い思いを語っている。

 映画『ミッドナイトスワン』は9月25日より全国公開。

関連記事(外部サイト)