高嶋政宏、初の現代劇の“月9” 『SUITS/スーツ2』で織田裕二と初共演

高嶋政宏、初の現代劇の“月9” 『SUITS/スーツ2』で織田裕二と初共演

ドラマ『SUITS/スーツ2』第4話にゲスト出演する高嶋政宏の場面写真(C)フジテレビ

俳優の織田裕二が主演する月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話に、俳優の高嶋政宏が、主人公の因縁のライバル弁護士役で出演することが発表された。高嶋が織田と共演するのは本作が初となる。

 2018年10月期放送の『SUITS/スーツ』の続編となる本作。負け知らずの敏腕弁護士・甲斐(織田)と経歴詐称の天才青年・大輔(中島裕翔)の2人がさまざまな訴訟に向き合い問題を解決していく。シーズン1に引き続き、新木優子、中村アン、小手伸也、鈴木保奈美も出演する。

 本作で高嶋が演じるのは、甲斐の因縁のライバル弁護士・富樫文弘。かつて直接対決した際、甲斐の違法ギリギリの戦術に敗北を喫した富樫は、甲斐の法廷での戦い方を徹底的に分析し、一矢報いるチャンスを狙っていた。そして今回、過去の甲斐が勝訴した案件での不法行為の証拠を掴み、雪辱を果たすべく再び直接対決に臨む。富樫の仕掛けた戦いに玉井(中村)の想いや上杉(吉田鋼太郎)の思惑も加わって、事態は思わぬ展開となる。

 月9に出演するのは、2014年10月期に放送された『信長協奏曲』以来およそ6年ぶり、そして現代劇の月9に出演するのは今回が初となる高嶋。本作への出演が決まった時の感想を聞かれると「おお〜!あのドラマに出るのか〜!!これが素直な感想です」とコメント。役作りについては「平野監督からは衣装合わせの時に、さりげなく甲斐との対比のことを言われたので、とにかく、そこを意識していますね。しかも、それをさりげなく演じなきゃいけないので、毎回、息が詰まるような思いで臨んでいます」と明かした。

 初共演となる織田については「僕にとって織田裕二さんと言えば日本のドラマの歴史を変えた方。バブルの頃、FMラジオ局のトイレで偶然お会いしてあいさつを交わして以来、動いている生の織田裕二さんに会うのはかれこれ20年振り!今回、初共演!うれしかったですね〜!」と熱く語り、「とにかく織田さんが甲斐という人物に骨の髄まで入り込んでいることに感動を覚えました」と撮影現場での印象を明かした。

 『SUITS/スーツ2』第4話は、フジテレビ系にて8月3日21時放送。

関連記事(外部サイト)