亀梨和也、奈緒、瀬戸康史、『事故物件 恐い間取り』緊張感あふれるメイキング写真公開

亀梨和也、奈緒、瀬戸康史、『事故物件 恐い間取り』緊張感あふれるメイキング写真公開

映画『事故物件 恐い間取り』(左から)中田秀夫監督、亀梨和也のメイキングカット(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

KAT‐TUNの亀梨和也が主演を務める映画『事故物件 恐い間取り』より、亀梨、奈緒、瀬戸康史の3人が撮影現場で演技に臨む様子を捉えたメイキング写真が解禁された。

 本作は、殺人・自殺・火災による死亡事故などがあった“いわくつき”の部屋「事故物件」に住み続ける芸人・松原タニシの実体験による著書『事故物件怪談 恐い間取り』を実写化。

 ホラー映画初出演の亀梨が主人公の売れない芸人・山野ヤマメ役を演じるほか、奈緒、瀬戸、江口のりこ、木下ほうか、MEGUMI、真魚、瀧川英次、宇野祥平、高田純次、小手伸也らが脇を固める。メガホンを取るのは、『リング』(1998)、『スマホを落としただけなのに』(2018)の中田秀夫監督。

 物語は、売れない芸人・山野ヤマメがプロデューサーから「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところから始まる。1軒目の部屋で撮影された映像の中には白い“何か”が映っていたり、音声が乱れたり…。番組は盛り上がり、ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメを待つ“最恐”の事故物件とは。

 解禁された3点のメイキング写真は、ヤマメ(亀梨)と、メイクアシスタントの梓(奈緒)、ヤマメの元相方の中井(瀬戸)が、それぞれ迫り来る恐怖を感じながら演技に挑む様子を捉えた、緊張感あふれる写真となっている。

 先日行われた完成記念イベントで、主演の亀梨は「現場では非常に充実した時間を過ごさせていただきました。何よりホラーという作品は、観てくださる皆さんのことを常に感じながら、撮影していくのだなというのを感じました。自信を持ってお届けできる作品に参加できて嬉しく思います」と撮影を振り返り、本作にかける気持ちを語った。

 芸人役や関西弁にも初挑戦となった亀梨は、原作者の松原タニシや友人の芸人に話を聞いたり、ライブを観に行くなど撮影前から準備を進めていた。ヤマメが住む「事故物件」の部屋のシーンの撮影では、中田監督と亀梨の間でヤマメの心情について入念なやりとりが行われた。そしてヤマメをひそかに応援するメイクアシスタントの梓を演じた奈緒、ヤマメの元相方の中井を演じた瀬戸も、ぞれぞれがヤマメと関わる中で想像を絶する恐怖に巻き込まれていく姿を演じた。

 映画『事故物件 恐い間取り』は8月28日より全国公開。

関連記事(外部サイト)