竜星涼、古川雄輝とのキスシーンは「すごくドキドキしました」

竜星涼、古川雄輝とのキスシーンは「すごくドキドキしました」

映画『リスタートはただいまのあとで』記者会見に登場した(左から)竜星涼、古川雄輝 クランクイン!

俳優の古川雄輝と竜星涼が3日、都内で行われたダブル主演映画『リスタートはただいまのあとで』の記者会見に井上竜太監督と共に出席。古川と竜星がそれぞれキスシーンを振り返った。

 本作は、ココミによる同名コミック(プランタン出版刊)から生まれた、ツンデレ男子とおっとり男子のハートウォーミングな純愛BL映画。都会の生活に疲れ挫折中の狐塚光臣役を古川が、田舎暮らしで優しい熊井大和役を竜星が演じる。

 作品について古川は「BLっていう部分が注目されてしまう部分もあると思うんですけど、どちらかというと純愛映画だなっていう印象」と持論を展開し、家族愛やいろいろな形の愛が描かれていることも説明。LGBTを題材にしたものなどさまざまな作品を観るという竜星は「逆に自分が役として演じることはなかったので、挑戦しがいがあるな、ということと、人を好きになるってこういうことなのかなって。そういうことを思い起こさせてくれます」と同作の魅力を語った。

 2人のキスシーンについて話がおよぶと、古川は「非常にやりやすかったです。竜星くんもすごいきれいな顔してるので、キスしやすいなと思いました」と回顧。竜星は「すごく柔らかかったです」とコメントし「男性ながらすごくドキドキしましたよ。目つぶってるので、いつされるんだろう、いつされるんだろう、と思いながら」と振り返った。

 本作で初共演となる古川と竜星。古川の印象について竜星は「知的でクールな方って印象があったんですけど、現場に入っていくと監督とディスカッションして、撮影が終わった後もお話されてる姿を見て、ハートは結構情熱的な方なのかな、という印象を受けました」とギャップを感じた様子。一方、古川から見る竜星はイメージ通りだったそうで「男、という感じ。男性から見てもかっこいいなって思うような印象だったんですけど、実際男らしい方で」と明かした。

 映画『リスタートはただいまのあとで』は9月4日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)