小池栄子、13年ぶり『TOKIOカケル』登場「芸能界でTOKIOと絡むのがいちばん緊張」

小池栄子、13年ぶり『TOKIOカケル』登場「芸能界でTOKIOと絡むのがいちばん緊張」

『TOKIOカケル』にゲスト出演する小池栄子(C)フジテレビ

女優の小池栄子が、今夜放送のバラエティー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系/毎週水曜23時)にゲスト出演。13年ぶりの登場となる小池は、TOKIOメンバーを前に「芸能界でTOKIOと絡むのがいちばん緊張」と告白する。

 TOKIO のメンバーとゲストが、さまざまなオリジナルゲームを展開しながら、時に際どい駆け引きをするバラエティー番組『TOKIOカケル』。女優としてさまざまな賞を受賞しながら、名だたる大物著名人たちとMCを務め、バラエティー番組でも唯一無二の存在感を放つ小池が、仕事論から恋愛観、プライベートの交遊録まで、熱いトークを繰り広げる。

 今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画、“生まれてはじめて聞かれました”では、松岡昌宏が「スタジオに入ってきたときのカリスマ性見ました!? 華あるなぁ!」と小池のオーラに圧倒されたことを明かし、国分太一が「スタジオに入るところで(仕事の)スイッチ入るんですか?」と質問する。

 小池は「特にないですね」と答えつつ、「皆さんは持っていますか?」と逆に振り、城島茂は「スイッチはみんなあるでしょう」と話し始めるが、小池は「スイッチ、持ってないですよね」とすかさずツッコミ。早くも番組のペースを作り出す“バラエティー女王”小池に、国分らは「この時点でもう小池さんの番組じゃん!」と感嘆の声をあげる。

 これまで名だたる著名人たちとMCとして番組を仕切ってきた小池に、「プライベートでの交流はありますか?」と国分が尋ねると、「自宅に松本人志さんが…」「タモリさんに“おっさん、うるさいなー”と言い続けた」と驚きのエピソードを披露。小池だからこそ知る、大物著名人たちの意外な素顔が明かされる。

 収録を終えた小池は、「やっぱり緊張しますね。TOKIOの皆さんは才能がパーフェクトすぎて、かっこよさ、生き方への憧れが強すぎて緊張してしまいます」と振り返り、「視聴者の方は気づかれないかもしれませんが、ここ10年でいちばん緊張している私が見られます。緊張を隠そうと思いながら話している、普段とは全然違う私を見ていただけたらと思います(笑)」とコメントした。

 小池栄子がゲスト出演する『TOKIOカケル』は、フジテレビ系にて今夜8月5日23時放送。

関連記事(外部サイト)