ヤンキーから熱血証券マンまで! 変幻自在に憑依する、役者・賀来賢人の魅力

ヤンキーから熱血証券マンまで! 変幻自在に憑依する、役者・賀来賢人の魅力

作品ごとに多彩な魅力を見せる賀来賢人 クランクイン!

現在大ヒット公開中の『今日から俺は!!劇場版』では80年代の金髪ヤンキーを好演、そして初回から高視聴率を記録しているドラマ『半沢直樹』(TBS系/毎週日曜21時)では堺雅人演じる半沢直樹のバディ的存在の若手証券マンに扮し物語を盛り上げている賀来賢人。近年、名実ともに人気俳優として認知された彼のキャリアと代表作を振り返りつつ、役者・賀来賢人の魅力に迫ってみたい。

◆抑制の効いた演技で抜群の存在感! 新たな代表作『半沢直樹』

 映画やテレビドラマ、演劇と活躍の舞台も多岐にわたる賀来のドラマ出演最新作が、7年ぶりにシリーズを再始動させた『半沢直樹』だ。東京中央銀行から子会社の東京セントラル証券に出向させられた主人公・半沢直樹(堺雅人)の下克上を、前作で確立した様式美と実力派俳優によるド迫力の熱演でつづる本作。この中で賀来は、半沢と行動を共にする東京セントラル証券の森山雅弘を演じている。

 この森山というキャラクターは、東京セントラル証券の生え抜き社員。東京中央銀行から出向してきた“銀行出向組”に反感を抱いていたため、上司の半沢にも素っ気ない態度をとっていたが、IT企業の買収をめぐる東京中央銀行と東京セントラル証券の対立の渦中に身を投じ、半沢と共に奔走することに。

 主演の堺雅人を始め、香川照之や市川猿之助らが火花を散らすように濃厚な芝居を見せる中で、森山役の賀来は抑制の効いた演技を披露。あえてクールさを保つことで大仰になりがちなドラマの世界観に絶妙なリアリティを与えている。

 『半沢直樹』での賀来は、近年の活躍で見せたハイテンションかつコミカルな演技を封印し、抑えた芝居で存在感を発揮している。そんな彼の佇まいから感じられるのは俳優としての成熟。『半沢直樹』は30代を迎えたばかりの彼の新たな代表作となるだろう。

◆福田雄一監督とのコラボでコメディに開眼

 2007年の俳優デビュー以来、着実にキャリアを重ねていた賀来が大ブレイクを果たした作品は、2018年の主演ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)だろう。西森博之による同名コミックを実写化した本作は、80年代の千葉を舞台にしたアクションコメディ。本作で賀来が演じたのは金髪パーマがトレードマークの主人公・三橋貴志。悪知恵と運動神経を武器に不良たちと渡り合う三橋というキャラクターを、賀来は抜群のコメディセンスと豪快なアクションで見事に体現し、本作を大ヒットドラマへと導いた。

 そんな彼がコメディに開眼した影には、今やヒットメーカーの1人になった福田雄一監督との数々のコラボレーションがある。

 賀来は2011年に福田監督が脚本・演出を手がけた『舞台「スマートモテリーマン講座」』に出演。その翌年には福田監督がイギリスのコメディグループ「モンティ・パイソン」のミュージカルを脚色し、演出も手掛けた『モンティ・パイソンのスパマロット』にも出演。これらの舞台で賀来は、ムロツヨシや戸次重幸、マギー、皆川猿時といった演劇出身の俳優たちとの共演を重ね、実力を蓄えていくことになる。

 舞台で培ったコメディセンスを賀来が存分に発揮したテレビドラマが、福田監督が脚本・演出を手掛けた2017年放送の『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)。この作品で彼は、主人公・英雄(堤真一)の部下・池杉を演じることに。池杉はキザでチャラチャラしたキャラクターながら、賀来は時に身をくねらせ、奇声をあげ、変顔も辞さないハイテンションぶりで、端正な顔立ちを台無しにする怪演を見せた。

 福田雄一監督作品への参加で培われたコメディセンスが、同世代の俳優の中でも唯一無二の個性となり、改めて彼が役者として注目を集める要因となった。

◆朝ドラからハードボイルドアクションまでこなす高い演技力

 賀来の魅力を語る上で欠かすことができないのは、さまざまなジャンルの作品に順応できる高い演技力だ。2014年放送のNHK連続テレビ小説『花子とアン』(NHK総合)では、吉高由里子扮するヒロインの兄という重要な役で登場し、視聴者に強い印象を残した。

 また同年には、湊かなえの同名推理小説を実写ドラマ化した『Nのために』(TBS系)にも出演。彼が演じたのはヒロインの大学の先輩という役柄。本作でヒロインを演じ、のちに妻となる榮倉奈々と共に、シリアスな演技でサスペンスフルな物語を盛り上げた。

 そして2019年に放送された主演ドラマ『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』(日本テレビ系)は、アクション満載の刑事ドラマ。それまで『今日から俺は!!』や『アフロ田中』(WOWOW)などのコメディが続いていた彼がハードボイルドな一面を見せ視聴者を驚かせた。

 役者として表現の幅を広げ続ける彼は、2019年公開の映画『ライオン・キング』で初の日本語吹き替えにも挑戦。オーディションで主人公・シンバ役を勝ち取り自らの手で新境地を切り開いた。抜群の演技力とコメディセンス、そしてブレイクの勢いに乗って、役者・賀来賢人はまだまだ躍進を見せてくれそうだ。(文:スズキヒロシ)

関連記事(外部サイト)