『アンサング・シンデレラ』“相原くるみ”西野七瀬主演のスピンオフドラマ配信決定

『アンサング・シンデレラ』“相原くるみ”西野七瀬主演のスピンオフドラマ配信決定

ドラマ『アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY〜新人薬剤師 相原くるみ〜』に主演する西野七瀬(C)フジテレビ

女優の西野七瀬が、ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系/毎週木曜22時)のスピンオフドラマ『アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY〜新人薬剤師 相原くるみ〜』に主演することが決定。FODにて8月27日より毎週木曜22時54分に独占配信される。

 現在放送中の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、石原さとみ演じる萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、新人薬剤師の相原くるみ(西野)、副部長の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部メンバーと共に、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

 そのスピンオフドラマとなる本作は、新人薬剤師のくるみが入院中の高校生男女との交流を通じて成長していく姿を描く。萬津総合病院に着任した当初こそ「向いてなかったら辞めようと思ってます」ときっぱり言い切るくるみだったが、先輩のみどりの背中を追いかけるうちに、病院薬剤師の仕事にやりがいを感じるようになっていく。そんなある日、重い病を抱え入院中の高校生2人と出会う。2人にはある願い事があって…。その願いをかなえてあげようと、くるみは薬剤師の立場を越えて向き合っていく。

 主演の西野は「くるみの成長と一緒に、わたし自身も成長していけたらいいなぁと思っています」と意気込みを語っている。

 メーンキャラクターである入院中の高校生・織原未輝斗役には一ノ瀬颯、同じく入院中の女子高生・長谷川愛里役には出口夏希が決まった。

 一ノ瀬演じる織原未輝斗は、急性骨髄性白血病で入院中の高校生。萬津総合病院で治療を続けながらドナーが現れるのを待っている。一ノ瀬は「自分の境遇に深く悩みながらも、くるみや愛里を始めとした周囲の人たちの愛に触れ、ひと回り、ふた回りも大人へと成長していく未輝斗の姿を通じて、みなさんの心に何か残せたら…と思います!」とコメント。

 出口演じる長谷川愛里は、バッドキアリ症候群で入院中の高校生。未輝斗と同じくドナー待ちであり、同じ境遇の2人は次第に心を通わせていく。出口は「愛里のもつ優しさや強さをどうしたら表現できるか、とても難しかったですが一生懸命頑張りました」とメッセージを寄せた。

 このほか、地上波ドラマのレギュラーメンバーであり同じ薬剤部の刈谷奈緒子(桜井ユキ)、羽倉龍之介(井之脇海)、工藤虹子(金澤美穂)も出演予定だ。

 ドラマ『アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY〜新人薬剤師 相原くるみ〜』は、FODにて8月27日より毎週木曜22時54分配信。全5話。

関連記事(外部サイト)