『アンサング・シンデレラ』第5話 “みどり”石原さとみ、『娘娘亭』家族にがん治療を説得

『アンサング・シンデレラ』第5話 “みどり”石原さとみ、『娘娘亭』家族にがん治療を説得

木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第5話場面写真(C)フジテレビ

女優・石原さとみが主演を務めるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系/毎週木曜22時)第5話が今夜放送。女優の田中美里と俳優の長谷川朝晴がゲスト出演する第5話では、樹里(久保田紗友)に助けを求められた葵みどり(石原)が、末期がんの太一(伊武雅刀)に治療を決心させるため説得する。

 萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主・辰川秀三(迫田孝也)の父・太一の容態が急変。幸い安定したものの、みどりは辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、秀三は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。太一が倒れた後も秀三ととの溝が埋まらない樹里に助けを求められたみどりは、秀三を説得に行く。

 みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時と比べると薬も改善されてきてはいるが、それでもつらいことになるかもしれないと話す秀三に樹里はうなずく。

 医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヵ月と言われた太一だが、治療の必要はないと思っていると口にする。入院せずに家族と過ごしたい太一に、みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案する。

 結局太一は家族との話し合いで治療を決意。樹里が太一と一緒にやりたいことのリストを作る中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。そこで、くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。

 調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を見たいと部長の販田聡子(真矢ミキ)に申し出る。販田はくるみにはまだ早いと不安視するが、みどりはこれを了承する。

 木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第5話は、フジテレビ系にて8月13日22時放送。

関連記事(外部サイト)