石原さとみ『アンサング・シンデレラ』、第6話ゲストに高林由紀子&山谷花純&佐戸井けん太

石原さとみ『アンサング・シンデレラ』、第6話ゲストに高林由紀子&山谷花純&佐戸井けん太

(左から)ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第6話にゲスト出演する高林由紀子&山谷花純&佐戸井けん太(C)フジテレビ

女優の石原さとみが主演を務めるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第6話(8月20日放送)に、女優の高林由紀子、山谷花純、俳優の佐戸井けん太がゲスト出演することが決定した。

 本作は、石原さとみ演じる萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)、副部長の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部メンバーと共に、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

 第6話で高林が演じるのは、萬津総合病院に入院する高齢女性・小川早苗。みどりに現在飲んでいる薬の有無を尋ねられ、何も飲んでいないと答えるが、処方された薬を指示通りに飲む早苗の体調は一向に良くならない。その原因として、早苗が多剤耐性菌(抗生剤を使用しすぎることにより、多くの抗菌薬に耐性を獲得した菌)を持っている可能性が出てくる。

 高林は「早苗は独身で会社の事務職を定年退職、退職金で中古のマンションを買い趣味でパッチワークをしているという女性で、全て私には経験のない事ばかりでした。そんな早苗の生き方が身につまされました」と語る。

 山谷が演じるのは、ひどい生理痛に苦しむ遠野倫。相原くるみが初めて一人で服薬指導をすることになる患者で、くるみの服薬指導通りに薬を飲んで生活するも体調は改善せず、それどころか激しい腹痛に襲われ、入院することになってしまう。

 山谷は「病と向き合う過程の中で、正しい知識を得て人に頼る勇気が生まれるまでの成長を見ていただきたいです。他人からしたら、“たかがそれだけ”と感じる悩みも当人にとってはすごく大きな悩みの場合もあります。きっと、多くの女性が抱えるこの病に対して少しでも多くの方々に理解していただけるきっかけになればうれしいです」とメッセージを寄せた。

 そして佐戸井は、昔から町に根づいている長崎医院の開業医・長崎浩を演じる。長崎医院は、現在服用している薬はないと言い張る早苗が以前通っていたと思われる病院だ。長崎は早苗にどんな処方をしていたのか。真相を知るため、みどりは長崎医院へと向かい、長崎と対峙(たいじ)する。

 木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第6話は、フジテレビ系にて8月20日22時放送。

関連記事(外部サイト)