『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作、8.26より3夜連続放送

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作を8月26よりNHK総合テレビで3夜連続で放送

記事まとめ

  • 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品『:序』『:破』『:Q』を3夜連続で放送
  • 1995年に放送されたテレビアニメは社会現象になるほどの人気、劇場版も3作品が公開
  • 現在は新劇場版の第4作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を控えている

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作、8.26より3夜連続放送

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作、8.26より3夜連続放送

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』場面写真(C)カラー

庵野秀明の代表作『新世紀エヴァンゲリオン』の劇場アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品『:序』『:破』『:Q』が、NHK総合テレビで本日より3夜連続で放送されることが発表された。

 普遍的なテーマと緻密な設定、そして革新的な映像表現でアニメーションの新たなフィールドを切り開いてきた『エヴァンゲリオン』シリーズ。1995年に放送されたテレビアニメは社会現象になるほどの人気を博し、劇場版も3作品が公開。現在は新劇場版第4作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を控えている。

 26日に放送されるのは『:序』。突如世界を襲った未曾有の大災害“セカンド・インパクト”で人類の半数近くは死に至り、世界の各地には大破壊の痕跡が刻みこまれた。やっと平穏な日々が戻ったと思われたある日、14歳の碇シンジは、特務機関ネルフの最高司令官で父親でもある碇ゲンドウから、ネルフ本部に襲来する敵性生命体“使徒”に対抗する唯一の戦力「エヴァンゲリオン」のパイロットに任命される。

 27日は『:破』が放送。北極にあるネルフの基地・ベタニアベースで、永久凍土から発掘された第3使徒が活動を始める。パイロットのマリはEVA仮設5号機で出撃し、相打ちでこれを倒す。そして日本にはパイロットのアスカと本格的な実戦用のEVA2号機が到着し、第7使徒を一瞬で撃滅した。碇ゲンドウ最高司令官と冬月コウゾウ副司令は月面へ出向き、ゼーレのタブハベースで調整中のEVA Mark.06を視察する。

 28日放送の『:Q』では、シンジの覚醒とその後が描かれる。アスカのEVA改2号機とマリのEVA8号機は、静止衛星軌道上で“US作戦”を実行。円盤状のEVA Mark.04と激戦の末、初号機とシンジを奪いとる。ようやく目ざめたシンジの前には、思いがけない知人らの姿が。そこでは14年の歳月がたっており、ミサトやリツコら元ネルフの職員は、新たなクルーを加えて反ネルフ組織“ヴィレ”を結成していた。

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズは、NHK総合テレビにて8月26日より3夜連続放送。『:序』は8月26日23時45分、『:破』は8月27日23時45分、『:Q』は8月28日23時45分より放送。

関連記事(外部サイト)